記事

「与えること(Give)」から始めることの大切さ

【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

日本経済新聞の日曜版に、最近レストランが、インスタグラムやユーチューブで、自分のお店の料理のレシピを公開する動きが広がっていると紹介しています。

そう言えば、私の友人の青池さんが経営している東銀座のラ・ボッデガイアでも、オーナーの青池さんが、家庭でも簡単にできるイタリアンの作り方を、ユーチューブで次々とアップしています(写真は青池さんがアップしたウニの冷製カルボナーラ)。

作り方をわかりやすく解説した動画はこちらから見ることができます。

秘伝の調理方法や料理のコツを公開するのは、お店の一番大切な財産を無料でバラまいてしまう無謀な行為に見えます。

しかし、実は公開したお店にこそ、大きなメリットがあると言うのです。

まず、プロのレシピで作ることで、周りの人たちのレベルが上がっていきます。すると、作った人たちから改善提案や料理の工夫のアイディアがたくさん返ってくるそうです。それによって、オリジナルの料理を更に進化させることができます。

また、インスタグラムやユーチューブで拡散されれば、お店のハッシュタグが付けられ、知名度が上がっていきます。レシピが広がれば、その元祖として、お店の評判が高まることになります。

さらに、それを見て、実際にお店に行って食べてみたいという人も増えてきます。

特に、レシピを見て自分で作った人は、元祖との違いがどこにあるか、比較してみたくなるのは良く分かります。お店でシェフと料理方法について語りながら、作ってもらった料理を味わえるなんて、最高に粋なレストランの楽しみ方だと思います。

このように考えていくと、秘伝のメニューを門外不出で隠し通すより、積極的に公開し広げていく方が、情報提供側も圧倒的にメリットが大きいことがわかります。

自分が持っている情報を、まず相手に提供する。それによって、結果的に与えた以上のギフトをもらうことができる。

だから、もし何かが欲しいと思ったら、まず与えることから始める。先に、自分が何かをもらおうとする「テイク(Take)」ではなく、人に何かを与える「ギブ(Give)」から始めることの大切さがよくわかります。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年7月19日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  4. 4

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  5. 5

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  6. 6

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  7. 7

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。