記事

不倫からコロナまで山田美保子氏が振り返る芸能界2020上半期

1/2
さまざまな“忘れられない”ことを起こした渡部(時事通信フォト)

独立しても「私、失敗しないので」?(時事通信フォト)

 衝撃的なニュースが連発した上半期の芸能界を、放送作家の山田美保子さんが振り返ります。

【写真】美脚があらわなミニスカート姿の米倉涼子

   本来なら「東京オリパラ」イヤーとしてまれに見る盛り上がりを見せるハズだった2020年上半期は、新型コロナウイルス感染拡大によって、ある意味、忘れられない年となっています。

 スポーツ紙の芸能面がなくなり、ワイドショーは全編、コロナ関連の話題となりました。それは、「新型コロナ関連専門家・テレビ番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)が新設されたことでも一目瞭然!! ちなみに1位は「テレビ局に住んでいる」とのウワサもあった昭和大学病院客員教授の二木芳人さん、2位は、われらが(!)岡田晴恵さん。白鴎大学教育学部教授の岡田さんは芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」に所属されたことも発表されましたよね。

 そんな中、大きな芸能ニュースもたくさんありました。概して言うなら、「衝撃的な」と形容されるものが連発したように思います。というワケで“ヤマダモニター”のベスト(ワースト?)5を発表いたします。

第5位 鈴木杏樹、ラブホ不倫

 いや、見出しにしなければならないのは喜多村緑郎サン(51才)なのかもしれません。不勉強ゆえ、プロフィールやお人柄を存じ上げなかったのですが、知れば知るほど、女性を踏み台にのしあがる典型的なタイプの俳優さんとお見受けします。まぁ、世間も「だぁれ?」というかたが大半だったと思われ、奥様の貴城けいサン(46才)も、失礼ながら、宝塚ファン以外のかたには「どなた?」でした。

 つまり、衝撃度を一手に担ったのが鈴木杏樹サン(50才)。個人的には、杏樹サンが自分でハンドルを握ってラブホテルのビラビラ(出入口)をくぐったことにショックを受けました。20代の頃、出演していたドラマの印象のまま「清純派」としてやっていらっしゃいましたから、余計です。そうそう、時期を同じくして行われた木村拓哉サン(47才)のソロライブで、モニターに『あすなろ白書』(フジテレビ系)が映し出され、「杏樹が出ちゃったら大変」と周囲がザワつきました。その中心にいたのは私ですが(苦笑)。結果、映ったのは石田ひかりサン(48才)だけで、心から安堵いたしました。

第4位 東出昌大、若手女優と不倫

 ギャップということでいうなら、間違いなく第5位を超えるでしょう。第5位の登場人物と比べて、テレビ的な有名人が勢揃い。映像で東出昌大サン(32才)と唐田えりかサン(22才)のイチャイチャ場面がワイドショーで何度もリプレーされたり、唐田サンの若さとプロ意識の欠如から、SNSが流出するなど、イマドキな香りが全編にただよっていたことも、老若男女がネタにし続けた不倫でした。

 桐谷健太サン(40才)が東出サンとW主演した『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)のロケやオンエアと見事に重なっていたことも不運だったし、爽やかなイクメンとして出ていたCMもすべて失った東出サン。

 しかし、「人の噂も75日」とはよくいったもので、東出サンのゲスぶりの上をいく不倫スキャンダル(第3位まで、お待ちください)が発覚。さらに映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』公開の時期が近づくにつれ、ダー子(長澤まさみサン・33才)らキャストの皆さんに助け船を出していただけることとなりました。このチームには、五十嵐(小手伸也サン・46才)もいらっしゃいますからね。不倫には寛大なのかもしれません(苦笑)。

 その後、杏サン(34才)のお気持ちは、どのように変化しているのでしょうか。いまは、シングルマザーになったからといって家庭用商材のCMを失う理由にはなりませんし、小倉優子サン(36才・昨年末からまたタイヘンですが)のように、そこから「好きなママタレ」のトップになったかたもいらっしゃいます。たとえ離婚を選択しても、杏サンのお仕事への影響はゼロかと。

第3位 渡部建、多目的トイレ不倫

「東出の方がまだマシ」「東出を超えた」と世間を呆れさせたアンジャッシュ渡部建サン(47才)による複数の女性との不貞行為もまた衝撃的でした。

 実は彼の“人柄”については、いろいろよくない話が耳に入ってきていたので、さほど驚きはしませんでしたが、いまどき、「デートクラブのような」ところをあれだけ頻繁に利用しているタレントがいるのかと、そこにもっとも驚いてしまいました。

 もう1つ気になるのは、杏サンと佐々木希サン(32才)が同じ事務所に所属されているということ。社長が女性だったり、モデルとしても活躍しているおふたりの周囲にはシングルでも力強く生きている“バリキャリ”な女性スタッフや編集者がとても多いと思うので、そうした女性の意見(=「離婚しても、貴女はやっていける」「私たちが付いている」など)に引っ張られやしないでしょうか。気になるところです。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    恋心を持つこと自体が難しい現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  10. 10

    国会を開かないなら歳費返上せよ

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。