記事

金正恩氏の「護衛候補」が殺人容疑で逮捕…米メディア報道

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

北朝鮮の金正恩党委員長の護衛要員に選抜された少年が殺人容疑で逮捕され、関係各部署が大騒ぎになっていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

両江道(リャンガンド)の金正淑(キムジョンスク)郡の住民がRFAに伝えたところでは「今月5日、郡内の高校に通う16歳の男子学生が、自宅で父親を絞殺する事件が起きた。殺人容疑で逮捕されたこの学生は、中央党(党中央委員会)の組織指導部5課により最終選抜されていた」。少年は間もなく平壌に招集され、近い将来、護衛司令部に配属されて金正恩氏のボディガードになる見込みだったという。

組織指導部の5課は、かの有名な「喜び組」も統括している組織だ。5課は中央から道・郡・市などの末端にいたるまで組織網を張り巡らせ、14~16歳の学力優秀な少年や美少女を選抜し、権力者たちに仕えるタイピストや看護師、警護員に育てる。

その実態について、韓国紙・朝鮮日報も2014年1月26日付で、ある脱北者の証言として次のように説明している。

〈最近脱北した平壌出身の女性は「5課に選ばれて行ったら、10年以上も家族と会えないまま年老いた中央党幹部のめかけとして暮らし、社会に出たら後ろ指をさされるので、平壌の女性たちは手段を選ばず(選抜を)避けている」と語った。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

(中略)若いうちは金氏一族のめかけとして過ごし、年を取ったら党から指定された男性と強制的に結婚させられるからだ。さらに喜び組の女性は、党から(結婚相手として)あてがわれた護衛隊員が気に入らないと言って拒否した場合、処罰されるという。〉

こうした実態が知られていなかった時代、北朝鮮の庶民にとって、自分の子どもが5課に選抜されることはたいへんな名誉だったとされる。選らばれた少年少女の家族は配給で優遇されるため、実利もあった。

しかし、大事な娘が権力者の玩具にされる実態が漏れ伝わってからは、親たちも本人も、娘が5課の目にとまらないよう祈りながら暮らしているという。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

(参考記事:「幹部が遊びながら殺した女性を焼いた」北朝鮮権力層の猟奇的な実態

また、護衛要員として選抜される少年たちの場合も、事情は似ているようだ。身分的に問題がなく、学力優秀であれば、社会に出て自分の力で経済的成功をつかむことができる。護衛司令部で使い倒しにされては人生がもったいないというわけだ。

それだけに、各地方の党組織が選抜した人材は、徹底的に管理され、平壌に送り届けられる。地元で待機している間に病気でもすれば、担当者が処分されるという。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

ただでさえそんな状況だというのに、今回は金正恩氏の身近で仕える予定だった少年が、実の父親を殺してしまったのだ。RFAの情報筋は「郡党委員会が推薦した中央党5課の選抜者が残忍な犯罪を犯したとなれば、責任問題がどこまで大きくなるか予想もできない」と語っている。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。