記事
  • ロイター

米経済、20年は6.6%縮小へ リスク多く回復の道のり長い=IMF


[ワシントン 17日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は、対米4条協議終了後にまとめたスタッフリポートで、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、2020年の米経済は6.6%縮小するとの見通しを示した。感染第2波や貧困の拡大で一段と悪化する可能性があるという。

その他のリスクとして、政府・企業債務の大幅な増加や低インフレまたはデフレが長期にわたって続く可能性などを指摘。「新型コロナ危機の経済的伝播を巡る不確実性は非常に大きい。経済を立て直し、活動をパンデミック前の水準に戻すためには長期間を要する可能性が高い」とした。

また、米政策当局者は家計や企業を守るために迅速かつ積極的に行動したが、需要を押し上げ、最も脆弱な人々を支援するためには一段の措置が必要とした。

米国で確認されている新型コロナ感染者数は350万人以上。死者は約14万人に達し、ともに世界最多となっている。ロイターの集計によると、16日の新規感染者数は7万7000人超と、1日当たりの増加数としては過去最多を更新した。

リポートでは、米国の貧困層や人種的少数派が新型コロナ危機の打撃を最も受けている前兆があり、体系的な貧困の拡大につながると言及。これが経済全体のリスクを高め、社会不安を助長する可能性があるとし、「今後のリスクは米国民の大部分が数年間にわたり生活水準の大幅な悪化と著しい経済的苦難に直面しなければならないことだ。これにより需要が一段と軟化し、成長に対する長期的な逆風を増幅させる可能性がある」とした。

また米国は世界貿易の安定性を損なっている現行の貿易制限や関税引き上げを撤回すべきとし、ドル安を補助金の対抗措置として扱わないよう警告。さらに米国の金融システムに耐性があることは証明されたが、新型コロナ危機はまだ初期段階にあり、銀行は引き続き資本配分計画を抑制すべきとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  4. 4

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  5. 5

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  6. 6

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  7. 7

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  8. 8

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  9. 9

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。