記事
  • ロイター

米ミシガン大消費者信頼感、7月は低下 コロナ感染者増で


[ワシントン 17日 ロイター] - 米ミシガン大学が17日に公表した7月の消費者信頼感指数(速報値)は73.2と、前月の78.1から低下し、市場予想の79を割り込んだ。新型コロナウイルス感染の再拡大が消費者心理に水を差しており、指数は今後さらに落ち込む恐れもある。

ハイ・フリークエンシー・エコノミクス(ニューヨーク)の米国担当チーフエコノミスト、ルビラ・ファロキ氏は「コロナ感染の抑制や都市封鎖(ロックダウン)の回避といった衛生上の明るい動きが見られず、消費者信頼感は今後も低迷する可能性が高い」と述べた。

現況指数は84.2、期待指数は66.2と、いずれも市場予想に届かなかった。1年先の期待インフレ率は3.1%、5年先の期待インフレ率は2.7%。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  7. 7

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  8. 8

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  10. 10

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。