記事
  • ロイター
  • 2020年07月18日 01:20 (配信日時 07月18日 01:13)

英研究チーム、コロナ感染症を症状別で6段階に区別 医師対応支援


[ロンドン 17日 ロイター] - 英キングス・カレッジ・ロンドンの研究チームは17日、新型コロナウイルス感染症の症状追跡アプリのデータを分析し、一連の症状によって新型コロナ感染症を6つの異なるタイプに区分したと発表した。

6つのタイプは、感染者の重症度や呼吸器の必要性などと相関しており、どの感染者がもっともリスクが高いか、また病院での治療が必要になるかなどを医師が予測するのに役立つという。

研究チームのクレア・スティーブス医師は「感染5日目で感染者がどうなるのか予測することができれば、血中酸素濃度や血糖値の測定、適切な水分補給など早期の治療やサポートを行う時間を確保することができる」と述べた。

アプリのデータでは、新型コロナ感染症の症状としてよく指摘される咳、発熱、嗅覚障害に加え、頭痛、筋肉痛、倦怠感、下痢、錯乱、食欲不振、息切れなどの症状も見られた。

タイプごとの経緯も大きく異なっており、一部は軽度でインフルエンザのような症状にとどまる一方、他のタイプでは急性症状や死亡につながるという。

研究結果はオンラインで公開されたが、査読はされていない。

以下は、研究結果に基づく6つのタイプ。研究チームによると、タイプ4─6に当てはまる感染者は入院する可能性が高く、呼吸器が必要になる可能性が高いという。

タイプ1─発熱のないインフルエンザのような症状:頭痛、嗅覚障害、筋肉痛、咳、喉の痛み、胸の痛み、発熱なし

タイプ2─発熱を伴うインフルエンザのような症状:頭痛、嗅覚障害、咳、喉の痛み、嗄声、発熱、食欲不振

タイプ3─胃腸異常:頭痛、嗅覚障害、食欲不振、下痢、喉の痛み、胸の痛み、咳はなし

タイプ4─重度レベル1(倦怠感):頭痛、嗅覚障害、咳、発熱、嗄声、胸の痛み、倦怠感

タイプ5─重度レベル2(錯乱):頭痛、嗅覚障害、食欲不振、咳、発熱、嗄声、喉の痛み、胸の痛み、倦怠感、錯乱、筋肉痛

タイプ6─重度レベル3(腹部および呼吸異常):頭痛、嗅覚障害、食欲不振、咳、発熱、嗄声、喉の痛み、胸の痛み、倦怠感、錯乱、筋肉痛、息切れ、下痢、腹痛

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。