記事

マイクロツーリズムなど

1/2

 石破 茂 です。
 全国各地で豪雨災害に遭われている皆様に心よりお見舞いを申し上げます。懸命に対応に当たっておられる関係各位にも敬意を表します。

 東京を中心とする感染者の拡大が止まらない中、政府が主導し、連休前の7月22日からスタートするGo to トラベルキャンペーンは、東京発着と都民を除外して実施されることとなりました。このキャンペーンの意義は否定しませんが、今はまず何よりも、体力的、精神的、経営的に厳しい状況にある医療関係者への支援が優先されるべきではなかったかと思います。加えて、令和2年度補正予算案においてこの実施を決定した文書には、実施時期を「今回の感染症の流行収束後」と明記してあったはずで、この整合性を説明出来るようにしなくてはなりません。

 また、キャンペーンに参加する際にはPCR検査を行うこと、当面は都民の東京都内間移動を含めた近距離移動のマイクロツーリズム的な小旅行を対象とすること、厳正な感染防止対策の基準を作成し、それに則った施設や機関のみを使用するようにすること、ホテル・旅館・交通機関など関係する業界のコロナウイルス対策への助成を拡大すること、等の施策を併せて行うべきだったのではないでしょうか。

 すべての地域や関係者が満足するような政策はあり得ないのですが、不公平感を極力減らし、多くの人が得心するための努力は今後更に行うべきです。

 鳥取県東部(因幡国)の鳥取市で育った私は、県西部(伯耆国)にほとんど行ったことがなかったのですが、小学校高学年時代の社会科見学や大山登山で訪れた米子市や境港市、大山町などに新鮮な感動を覚えたものでした。自分が暮らしている都道府県でも知らないところは存外多くあるもので、その自然や歴史、文化を学ぶことはとても大切です。マイクロツーリズムには地方創生の観点からも大きな意義があります。

 日本国民がその大方において規律正しく、衛生観念も高いのは確かですが、一方で「(10万円の給付金という)あぶく銭をもらったので『夜の街』で使った」と平然と言い放つ人たちを報道で観ていると、このような意識を持つ人たちが全国にウイルスを拡散させないという保証はどこにもない、と思わざるを得ません。世界においてウイルス感染は今なお拡大の一途を辿っているのですし、日本で重症者が少ないといっても、実際に感染した人が重篤化するのは10日から2週間が経った後のことであって、今時点の数字だけを見て「医療崩壊はない」と断言できるものではありません。

 国民の生命や身体の安全を「賭け」の対象としてはならないのは当然です。「賭けに勝って」、観光関係者や地域が潤って活気づくのならこんなに目出度いことはありませんが、反対に「賭けに敗れて」コロナウイルスが各地に拡散し、発症者の宿泊した旅館・ホテルや使用した交通機関が休業に追い込まれるような事態となることも想定しておかなくてはなりません。

 本日、東京の新規感染者は過去最多を2日連続で更新する293人となったそうですが、ウイルスとの闘いはまだまだ序盤というべきなのでしょう。

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。