記事
  • SmartFLASH
  • 2020年07月18日 11:32 (配信日時 07月17日 20:00)

芸能界引退を考えていた浜崎あゆみ、いしだ壱成の一言で翻意

 いしだ壱成が、7月15日配信のYouTubeチャンネル『いしだ壱成の一番星』で、1995年放送のドラマ『未成年』(TBS系)で共演した浜崎あゆみとの関係を語った。

 エイベックスからデビューする前、女優をしていた浜崎。山奥で畑を耕すシーンを撮影する合間に、浜崎はいしだに「マネージャーともうまくいかないし、やめようかな」と芸能界引退をほのめかしたという。

 だが、いしだは「やろうよ! なに言ってんだよ!」と強く引き止め、その言葉がきっかけで浜崎は芸能活動の継続を決めたという。

 さらに、いしだによると、父・石田純一が浜崎の母親とたまたま飲食店で出会った際、「俺、あゆの母親に泣かれちゃったよ~」と語っていたという。

 浜崎の母親は石田に「壱成さんがあのとき、ひと言いってくれなかったら、私たちは今頃どうなってたかわかりません。本当にありがとうございました」と泣きながら感謝してきたという。

 いしだはドラマ撮影が終わると、共演者らと毎晩のように音楽関係者が集まるクラブに行き、そこに浜崎も訪れるようになった。

 当時について、いしだは「(浜崎)本人的には女優はやりたくない。歌でいきたいみたいなことで、いろんな人とつながっていって。そのなかに松浦さんがいた」と、その店でエイベックス会長・松浦勝人氏と知り合ったという。

 その後、歌手として大成した浜崎について「『あーよかった』って横にいた僕たちは思ってます。しんどい時期を知ってるから」と安堵したことを語っていた。

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)でも描かれた浜崎の女優から歌手への転進。その影にいしだのアドバイスがあったのだ。

あわせて読みたい

「浜崎あゆみ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  4. 4

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。