記事

AIと対話で呼び起こす“記憶の色” 戦前~戦後の白黒写真がカラーに 「今感じたことも未来に継承される」


 最新技術と証言を合わせ“過去の記録”に色をつける。戦前から戦後に撮影された白黒写真をカラー化し、1冊にまとめた写真集『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社新書)が16日発売された。手掛けたのは、東京大学の庭田杏珠さんと渡邉英徳教授。

【映像】カラー化された当時の様々な写真

 庭田さんは広島出身で、被爆者の思いの継承に関心を持つ中で出会ったのが渡邉教授だった。渡邊教授は以前から、その日にまつわる出来事の白黒写真をカラー化し、Twitterで発信してきた。


 インターネット上で公開されているツール「ColouriseSG」に、実際に白黒写真をアップロードすると、あっという間に色がつく。しかし、芝生や肌の色などある程度自然な色合いには近づけられるものの、本来は水色の自転車の車体をAIはグレーだと判断したようだ。

「例えば、僕が背景画像にしている沖縄の戦前の写真。これも沖縄の伝統的な色を知らないので、AIは建物をグレーにしてしまう。写真に“こうであろう”という色をつけてくれるだけで、歴史上の知識があるわけではない」(渡邉教授)


 より正確な色に近づけるために必要なのが、当時の資料や実際にその景色を見た人が持つ情報だ。庭田さんは写真の持ち主である戦争体験者と対話を重ね、記憶を引き出していった。今は平和公園になった爆心地直下の旧中島地区で実家が理髪店を営んでいた濱井徳三さんも、写真を手に話を聞くとシーンとともに当時の気持ちも語りだしたという。

「家族とご近所の方と一緒にお花見をしている写真。その白黒写真を見ながら話した時はお花見ということぐらいしか思い出さなかったものが、カラー化をして対話しながら戦前のことを聞いた時は、『長寿園』というお花見の有名な場所で家族と親戚で花見をしている写真で、近くにあった弾薬庫が幼心に怖かったとか杉鉄砲を作って遊んでいたとか、家族や友達との日常生活のエピソードが思い出されたというのがあります」(庭田さん)



 対話を繰り返し実際の景色に近づけていくことで、徐々に呼び起こされていく当事者の記憶。『服の色とか覚えています?』(渡邉教授)、「服はグレーですよね。兄は黒ですからね。やっぱりあの時代は、食べるものをこぼすのでエプロンして」(濱井さん)といったやりとりをもとに、AIがカラー化した写真の色を手作業で補正していく。

 単なる「昔の写真」という印象を受けやすい白黒写真が、“記憶の色”によってカラー化され、現代を生きる人たちにその当時を実感させるものに変わる。最初は写真の持ち主に喜んでもらいたいという一心で始めたことが、思わぬ影響を人に与えることに気づいた2人は、この作業を「記憶の解凍」と呼び始めた。


「白黒写真だったら当時のことに思いを馳せるのが難しいというか、白黒でも私たちと変わらない暮らしがあったというのが写しこまれているはず。私たちには見えてこないものをカラー化することで、当時の戦前の日常生活に思いを馳せてもらって、そういう幸せな日常生活がたった1発の原子爆弾で失われてしまったということを、多くの人が自分ごととして想像してもらいたいというのが活動の原点」(庭田さん)

 当たり前の日常が一瞬で無くなったり変わってしまう。それは、今の人たちの暮らしとも共通する部分があると庭田さんは訴える。


「今はコロナの影響下において、当たり前だった日常生活が一瞬で奪われてしまう、失われてしまうというのが戦争と重なるなと思っていて。戦争を過去の出来事としてではなく、今のコロナの影響下における私たちと重ね合わせて、自分ごととして日常生活があっという間に奪われてしまうような状況があった、それが今もこれからも起こりうるかもしれないと感じてもらえたらうれしい」(庭田さん)

 渡邉教授と庭田さんは、カラー化した写真を地図上で辿れるARアプリを制作するなど、過去の記憶を最新技術で残し伝える活動を続けている。

「これまでストックされていたけど、世の中のどこかにあるだけでみんなの時間の中にいなかった写真たちが、生命を得て家庭や図書館で息づき始める…そういうコンセプト」(渡邉教授)


 現代の技術と過去の記憶によって付けられた色。実際の色とは少し違ったとしても、その色には戦争体験者の思いが鮮やかに映し出されているという。

「本当の色・真実の色がどうだったかというよりも、写真提供者の思い、記憶の色を再現して、それを見た人が提供者・戦争体験者の方の思いを受け取ってもらうことが大切で、そこをカラー化写真を見て感じてもらいたい。

被爆者がいない世界というのがあと何年かするとやってくると思うんですけど、一人ひとりが感じたとったことを家族・友達と共有する形でもいいし、SNSで発信してもいいし、それぞれが感じたことというのも未来へ継承されていくと思うので、その部分をアートやテクノロジーを生かしながら伝えていけたらいいなと考えています」(庭田さん)

 AIを活用した今回の事例について、元IT起業家で作家の関口舞氏は「(AIは)どうしても人に取って代わるとか人間味が失われるといったイメージを持たれがちだが、この事例はAIを使って人間の能力や記憶をより引き出すという使い方をしていると思う。

例えば、Googleが分子構造を分析してにおいを予測するAIを開発している。いつかにおいや音、色を再現するといったことを通して、よりリアルに記憶を追体験するといった使い方もあるのではないか」と期待を寄せる。


 また、AIはコミュニケーションのきっかけにもなるとし、「昔大学生向けに、赤ちゃんみたいな学習を繰り返していないAIを使って、相性がよさそうな人をマッチングさせるアプリを開発した。大したAIではなかったが、本人たちは『何でAIにそう思われたんだろう』『こうだからじゃないですか?』と自分たちで共通点を探して仲良くなってくれたことがあった。なので人の記憶やコミュニケーション、人間関係といったところで、AIがより人間らしい生活や能力を引き出すきっかけになるといいと思う」と述べた。
(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

※ABEMAヒルズでは「#アベヒル」で取材してほしいことなど随時募集中

映像:「手塚治虫AI」開発者が語る未来の創作

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。