記事
  • ロイター

エリクソン第2四半期、5G好調で予想上回る営業利益 財務目標据え置き


[ストックホルム 17日 ロイター] - スウェーデンの通信機器大手エリクソン<ERICb.ST>が発表した第2・四半期決算は、営業利益(調整後)が予想を上回った。第5世代(5G)通信事業やソフトウエアの収入が寄与した。同社は2020年と2022年の財務目標を据え置いた。

新型コロナウイルスの流行で経済の先行き不透明感が強まっているものの、多くの通信事業者は5G移動通信網の構築を進めており、エリクソンは99件の商業契約を締結した。

主力の通信機器部門の売上高は、中国での受注が寄与し4%増。エリクソンは、中国の3大通信会社から華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]や中興通訊(ZTE)<000063.SZ>とともに5G関連で受注している。

英政府は今週、5G網の構築からファーウェイを排除することを決定。これもエリクソンやフィンランドのノキア<NOKIA.HE>に有利に働くとみられる。

CCSインサイトのアナリスト、ベン・ウッド氏は、英政府の決定について「エリクソンにとってとてつもない好機。(ファーウェイ排除が)他の市場にも広がればなおさらだ」と述べた。

エリクソンのエクホルム最高経営責任者(CEO)は「一部の顧客は投資を急いでおり、他の顧客は一時的に慎重になっている」とし「現時点では2020年と2022年のグループ目標を維持する」と述べた。

2020年の業績目標(連結ベース)は売上高が2300億─2400億スウェーデンクローナ(253億─264億ドル)、調整後営業利益率が10%以上、22年の目標は調整後営業利益率が12─14%。21年の目標は設定していない。

第2・四半期の営業利益(調整後)は18%増の45億クローナ(4億9585万ドル)と、前年同期の39億クローナから増加。リフィニティブがまとめた市場予想平均の33億6000万クローナを上回った。

売上高は1%増の556億クローナ。

粗利益率は38.2%で、前年同期の36.7%から上昇した。

クラウドベースのサービスを含むデジタルサービス部門は、新型コロナで売り上げが打撃を受けたが、利益率の高いソフトウエアの販売は伸びた。

*内容を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  10. 10

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。