記事

「GoToトラベルはやらなければならない。ただ、大都市圏は対象から外してスタートすべきだった」経済学者・中田大悟氏



 赤羽一嘉国土交通大臣は16日、「GoToキャンペーン」の一つ、「GoToトラベル」事業の運用を見直し、東京都からの発着や、東京都を目的とする旅行を対象から外すことを表明した。

・【映像】GoTo東京除外それでも人の動き共に感染拡大!? 矛盾だらけのコロナ対策

 コロナ禍で冷え込んだ観光業界を支援するための「GoToトラベル」は、「国内旅行が対象、旅行代金の半額を支援」「上限は1人1泊2万円(日帰りは1万円)」「連泊・回数制限なし」「支援方法は支援額の7割を割引・3割をクーポン配布」といった補助を受けることができる。

 政府は業界や旅行者に感染防止対策の徹底を呼びかけた上で、予定通り22日の4連休から始める予定だが、東京都医師会の尾崎治夫会長が7月中は都内外での飲み会・会食を控えるよう「NotGoToキャンペーン」を提唱、反対の首長も現れるなど、懸念の声が広がっている。



 こうした声に対し、独立行政法人・経済産業研究所の中田大悟氏(公共経済学、財政学)は「まさにアクセルとブレーキのジレンマだ。ここを乗り越えれば、何とか正常な状態になると思うと、今は我慢しなければならないのではないかということだ。ただ、それでもGoToトラベルはやらなければならないものだった」と話す。

 「観光は非常に裾野が広く、地域の飲食、流通、クリーニングなどの様々な業種が繋がって、地域経済そのものになっている。多くは中小企業なので、回転資金も無い。このまま行けば、地域経済そのものが早晩ダメになってしまう。また、コロナの前から地方銀行の経営状態が厳しい。その中で連鎖倒産が起きれば、金融パニックになる可能性もある。何とか段階で止血をしなければならなければ、国全体が経済危機に陥ってしまう。GoToトラベルによって観光業が持ち直すとは政府も考えていないと思う。それでも何とか最低限のところを維持したいということだろう」。



 その上で、東京都をその対象外としたことについては「正しい判断だと思うが、首都圏の1都3県、大阪とその隣県、北海道、福岡県といった都市圏も外した方が良かったと思う。最初からロケットスタートさせるのではなく、まずは小さくスタートして、徐々に大きくしていくべきものだった」と指摘する。

 「首都圏在住の方であれば分かると思うが、千葉・神奈川・埼玉は東京と一体だ。だからこそ知事の方々も“首都圏は一体で”と対策の理念を語っておられた。しかし今回の場合、川を隔てた川崎(神奈川県)に宿泊して東京に来るといった“抜け穴”作りも可能になってしまう。にも関わらず、“自分のところには箱根があるから”“東京ディズニーランドがあるから”という具合にエゴが出てきてしまったのは残念だ。首都圏としては感染を抑えることにプライオリティを置いてもらいたかった」。

 しかし、人口約1400万人の東京都を対象から外すことで、事業そのものの経済効果が薄くなってしまう可能性はないのだろうか。また、都民からは割引支援を受けられないことに対する不満の声も上がりそうだ。

 中田氏は「効果が薄くなるというのは、その通りだと思う。ただ、首都圏や大阪は地方と違い、域内の経済活動の水準が非常に高い。観光だけで生きているというわけでもないので、観光業に特化した支援というよりも、飲食業・サービス業全般への支援の中で対処した方が良い。その中でホテルなど観光専門の業者に対しては自治体や国による新しい枠組み、場合によっては地方創生交付金の積み増しなどの支援ということが考えられる。また、GoToトラベルは新しい観光の在り方を模索する事業でもある。業者も含めて、多くの観光客を受け入れるためのノウハウを蓄積する期間も必要だと思う。その意味でも、最初は首都圏の人、東京の人には我慢していただいた方がいいと思う」と説明。



 また、「利用可能な経済力で地域経済の延命を図るための政策だし、今のシチュエーションで公平かどうかは問うべきではない。地方創生臨時交付金というものも補正予算に盛り込まれているので、自治体が一定の裁量で使える予算もある。東京、そして首都圏については感染拡大の抑制を最優先にして、都民が都内をめぐる分には都独自にやっていただければいいと思う」とした。

 今後について中田氏は「政府としても、野党からの勧めもあったし、4連休に間に合わせるということに前のめりになりすぎていたのだと思う。ただ、地方とのコミュニケーションが不足していただろうし、医療機関との接続を図るということもできなかった。それが典型的に表れているのは、東京都が医療用のホテルを解約したことだ。22日から東京も含めてGoToトラベルを実施することが分かっていれば、軽症者の方が増えることも分かったはずだ。保険がセットになっている旅行業者のパック旅行であればサポートも受けられると思うが、個人で行った場合には、自力で医療機関を探すしかない。少なくとも旅先で体調の異変を感じた方が優先的に検査を受けられるといった対策も必要だろう」と話していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

▶映像:GoTo東京除外それでも人の動き共に感染拡大!? 矛盾だらけのコロナ対策

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  3. 3

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    TikTok巡る報復 Appleらに打撃も

    飯田香織

  8. 8

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  9. 9

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  10. 10

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。