記事

天皇陛下と雅子さま 「並んで動画メッセージ」を阻む事情

両陛下が横に並んでご進講を受けられるのが“令和流”(6月23日、東京・港区 写真/宮内庁提供)

 九州を猛烈な長雨が襲い、現地は日常を取り戻せないでいる。国民がそうした危機的状況に陥ったとき、天皇皇后両陛下はいつもその地に足を運ばれ、直接励まされてきた。

【写真】日赤幹部からご進講を受けられる時も、天皇皇后両陛下は横に並ばれた

「今回の豪雨でも両陛下は心配を深められています。お見舞いをしたいとお思いだそうですが、コロナ禍で現地を訪れることができない。とても悔しい思いをされているそうです」(宮内庁関係者)

 避難所を訪れ、時に膝を床について言葉を交わす。両陛下が大切にされる「国民の中に入っていく皇室」が実践できない日々が続いている。

 それならば、新型コロナ感染拡大について動画メッセージで国民を励ましてはどうか―そんな声がいま少しずつ大きくなっている。

 歴史学者の河西秀哉さん(名古屋大学大学院准教授)は、いま皇室に求められるのは《ビデオメッセージを公開し、国を鼓舞したイギリスのエリザベス女王のように、国民に向かって直接語りかけること》(4月12日公開、文春オンライン)と指摘し、政治学者の御厨貴(みくりやたかし)さんも《国難とも言える状況だ。ビデオメッセージのような、より強い方法で発信してもよかったのではないか》(5月1日、毎日新聞)と発言している。

 2011年、東日本大震災が発生した5日後、上皇陛下はビデオメッセージで「おことば」を出された。令和皇室も、コロナ禍で「おことば」を出されていないわけではない。

 4月10日、両陛下が新型コロナについて専門家からご進講を受けられた際、陛下が原稿を読む形で冒頭に述べられたお言葉が、宮内庁のホームページに掲載された。5月20日にも日本赤十字社(以下、日赤)からご進講を受けられ、陛下と雅子さまのお言葉が公開された。愛子さまが高校を卒業された際に出されたお言葉にも、新型コロナへの言及があった。

 しかし、皇室の情報発信の機会そのものが少ないのは事実。皇室関係者の間でも、このままでは国民にとって皇室の存在感が薄くなり、その存在の根幹が問われかねないという懸念が広がっている。両陛下が苦悩を重ねられていることは言わずもがなだ。

◆「横並びのご進講」という布石があった

 振り返ると平成の時代、美智子さまはいつも上皇陛下に寄り添われてきた。常に一歩下がり、「夫を後ろから支える妻」であられた。しかし、女性の社会進出が当たり前の時代になり、令和の皇后陛下は「夫の隣に並ぶ妻」を体現されている。

「コロナ禍にビデオメッセージを出されるのなら、平成よりも一歩進んで、陛下の隣に雅子さまも並んで登場されるのがいいのではないかという声が、宮内庁関係者の間で少なからずありました。それが新しい令和皇室のスタイルでもある。ただ、皇室の長い歴史で初めてのことであり、そのハードルは低くありません」(前出・宮内庁関係者)

 日赤のご進講の際、陛下だけでなく雅子さまのお言葉も公開されたのは前代未聞のことだった。放送作家のつげのり子さんは次のように語る。

「いまの時代は、女性が夫の後ろを歩くのでなく、肩を並べて歩くのが当たり前と言っていい時代です。皇后という存在は、時代に合った女性の理想像を示すものでもあるのではないでしょうか」

 時代に合ったやり方で国民に語りかける方法として「ふたりで並んでメッセージを出す」ことも両陛下の念頭にあったのではないか。

◆試される宮内庁のプロデュース能力

 両陛下のメッセージの実現の壁になっているのは、天皇が肉声でメッセージを出すことの「重大性」だ。

「過去に社会事象について国民一般に肉声メッセージが出されたのは、昭和天皇の玉音放送や上皇陛下の東日本大震災時のものなどごくわずか。いまも大変な状況ですが、果たしてそれらに匹敵するものなのか、判断が非常に難しい。死傷者が5万人を超えた阪神・淡路大震災でもビデオメッセージは出されていません」(皇室ジャーナリスト)

 しかし、肉声のメッセージに「政治性」を帯びる可能性があるがゆえに慎重にならざるを得ないとのこともある。加えて、宮内庁の「プロデュース能力」の欠如も指摘される。

「宮内庁は前例踏襲にこだわり、新しい試みには消極的です。いまでも、上皇上皇后両陛下がされてきたやり方だけを最良とする職員も多い」(別の皇室ジャーナリスト)

 宮内庁は4月のご進講での陛下のお言葉を2週間以上経ってから公開した。新型コロナは震災などと違いピークの見極めが難しく、公開のタイミングが読めないのもわかるが、そこには公開することへの躊躇も垣間見える。

「両陛下は、新型コロナで世の中が大きく変わっていくなかで、どのように国民とともに歩み、国民の中に入っていくべきか、相当に悩まれているでしょう。普通に考えれば、この先1年なのか、数年なのか、まったく直接触れ合うことはできないかもしれない。世の中の変化に合わせて、ご自身たちも変わっていかなければならないとお考えのはず。難しいことだからこそ、宮内庁が責任を持って舵取りをしなければなりません」(前出・別の皇室ジャーナリスト)

 平成の時代、上皇上皇后両陛下は全国津々浦々に足を運ばれ、国民と直接会い、言葉を交わしてこられた。それが皇室と国民の結びつきを強くし、両陛下は敬愛されてきた。それを令和の天皇皇后両陛下は「国民の中に入っていく」という形で昇華された。

 しかし、国民の生活は新様式へとガラリと変わった。皇室と国民の関係も、大きな節目を迎えている。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんは次のように言う。

「動画メッセージの活用は、天皇皇后両陛下の活動の幅を広げることにはなるでしょう。しかし、国民は実際にお会いしたときの場の雰囲気を肌で感じることができませんので、常態化するのは好ましくありません。国民の中に入っていこうとされている両陛下は、やはり直接の触れ合いを大切にされていくでしょう」

 おふたりが並んでメッセージを出されるお姿を、拝見する日は来るだろうか。

※女性セブン2020年7月30日・8月6日号

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  8. 8

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。