記事

手越祐也はYouTubeの申し子!? プロが驚嘆する凄さと新時代の芸能活動

1/2
ますます盛り上がりを見せている芸能人YouTube界。その中でひときわ強烈な輝きを放っているのが手越祐也さんです。平均再生数約500万回(13日時点)という驚異的な快進撃の裏には、日本の芸能界に革命を起こすかもしれない画期的な要素がたくさん詰まっていました。その凄さをYouTube界の真ん中で仕事をしている現役放送作家が考察していきます。


クロスボーダークリエイター・放送作家の谷田彰吾です! 普段はテレビ番組の構成はもちろん、YouTubeのプロデュースもやっています。特に力を入れているのが芸能人のYouTube。Wednesdayという会社で「デジタルメディアレーベル(DML)」を立ち上げ、様々な芸能人のチャンネルを企画・運営しています。現在、講談師の神田伯山さん、芸人のMr.都市伝説 関暁夫さん、元メジャーリーガーの上原浩治さん、『おかあさんといっしょ』元体操のお兄さんのよしお兄さん、ファミリーで大人気の芸人・はなわさんなどのチャンネルを微力ながらお手伝いさせていただいています。

芸能人のYouTubeチャンネルは怒涛の戦国時代に突入していて、ついにあの大物芸人も参入しました。とんねるずの石橋貴明さんです。業界内の風のウワサで「タカさんが始めるらしい」とは聞いていたのですが、さすが素晴らしいスタートを切りました。7月13日現在でチャンネル登録者数63万人超。いまやタカさんのレギュラー番組はゴールデンタイムにはありませんし、芸人とガッツリからむような番組もありません。テレビでは見られないからこそ、むしろYouTubeに希少価値があるわけです。タカさんといえばテレビの申し子のような人ですから、世の中ずいぶんと変わったものです。

今日するお話は、そこにポイントがあります。「テレビで見られない」。これがキーワード。今のYouTube界や芸能界を考える上では、かなり重要な要素になっています。そんな中、「テレビで見られない」怪物級のYouTubeチャンネルが誕生しました。1発目の動画から驚異の1000万回再生を叩き出し、まさに桁違いのロケットスタートを切った、手越祐也さんのチャンネルです。

手越さんといえば、言わずと知れたジャニーズ事務所・NEWSの元メンバー。ステージではアイドル道に並々ならぬプライドを見せる一方、テレビでは『世界の果てまでイッテQ!』で体を張ることをいとわないサービス精神の旺盛さを発揮。そして、ここ最近はジャニーズでありながら、たびたび週刊誌を賑わせる破天荒なキャラクターでもおなじみになっていました。

手越さんのチャンネルは、他の芸能人のチャンネルとは一線を画しています。YouTubeの使い方そのものが大きく違うのです。それでは、詳しく考察していきましょう。

テレビでは見られない元ジャニーズが裸一貫で出直す生々しさ

BLOGOS編集部

先日、ジャニーズ事務所を退所した手越さん。レギュラー出演していた『世界の果てまでイッテQ!』と『サッカーアース』は降板となり、テレビで手越さんを見る機会は大きく減少しました。ジャニーズ事務所のタレントはテレビとステージが活動のメインですから、退所すると露出が一気に減る印象があります。しかし、これがYouTubeにはプラスに働くことになるのです。

ジャニーズとは対極ではありますが、典型的な例はチャンネル登録者数211万人(7月13日現在)を誇る江頭2:50さんでしょう。お笑いバラエティ番組の減少やコンプライアンスの波によってテレビ界に居場所を失いつつあった江頭さんは、今年2月にYouTubeでの活動を開始。わずか9日間で登録者100万人を突破すると、まさに伝説と呼ぶにふさわしい快進撃を見せています。

先日、チャンネル登録者数100万人を突破した雨上がり決死隊の宮迫博之さんもそうです。自身が引き起こした騒動によってテレビ番組から遠ざかった宮迫さん。背水の陣として挑戦したYouTubeは最初こそバッドマークの嵐だったものの、徐々に視聴者に受け入れられ、約5ヶ月で見事100万人に到達しました。

芸能人YouTubeの先駆けともいえるカジサックさんも少し近いものがあります。つまり、なんらかの理由でテレビ出演が減ってしまった芸能人が覚悟をもって挑むYouTubeは共感を呼びやすい。「もう後がない」という雰囲気を醸し出している人の奮闘ぶりを人は見たいのでしょう。成功の前提には潜在的なニーズが必須ですが、「ここで勝負するんだ!」という熱量は何よりも大事です。

手越さんは、まさにこのレールに乗っています。しかし、他の方々と大きく違うのは、彼が芸人ではなく、つい先日まで現役バリバリのジャニーズアイドルだったこと。日本のキラキラの象徴である天下のジャニーズアイドルが裸一貫でリスタートする姿は、これまで誰も見たことがないものでした。

僕は手越さんが「YouTubeの申し子」になるかもしれないと予感しています。それは、YouTubeを始めたシチュエーションだけではありません。他にも条件がたくさん揃っているからなのです。

まず、手越さんが巨大なコンサートホールを満員にするグループの中心メンバーであったこと。YouTubeをはじめとするネットコンテンツでは、熱狂的なファンを持つ人気度の高さが重要視されます。それに加えて、手越さんは『世界の果てまでイッテQ!』の出演によって幅広い年代に認知されている。この2つを両立しているのは凄いことです。

さらに、僕が特にYouTubeに向いているなと思っているのは、手越さんの性格。めちゃくちゃ明るくて前向き、何よりもYouTubeを全力で楽しもうとしている姿勢が素晴らしい。そして、自分を厳しい方向に追い込み、すさまじいエネルギーでハードルを越えようとする圧倒的なポジティブ感は、サッカーの本田圭佑選手を彷彿とさせます。僕は手越さんのファンではありませんでしたが、動画を見ていると思わず勇気が湧いてきました。

では、そんな手越さんのチャンネルはどこが新しいのでしょうか?

あわせて読みたい

「手越祐也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  2. 2

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  5. 5

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  6. 6

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  7. 7

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  8. 8

    橋下氏 菅首相の自助発言に賛同

    PRESIDENT Online

  9. 9

    経済回復は過剰な恐怖払拭が必要

    先見創意の会

  10. 10

    山口容疑者「一晩中飲んでいた」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。