記事
  • ロイター

EU競争法当局、音声アシスタント市場を調査


[ブリュッセル 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)の競争法当局は、「アレクサ」「シリ」といった音声アシスタントの市場や他のIoT(モノのインターネット)関連の市場に問題がないか、400社に情報提供を求めていることを明らかにした。

競争法違反があれば制裁金を科す可能性もある。

音声アシスタント市場では、アマゾン<AMZN.O>のアレクサ、アップル<AAPL.O>のシリ、アルファベット<GOOGL.O>傘下の「グーグル・アシスタント」が高い人気を集めている。

欧州委員会のベステアー委員長(競争政策担当)は会見で、今回の措置について「こうした市場の大手企業に対し、われわれが監視しており、競争法を順守して事業を展開する必要があるという強いメッセージを送るものだ」と述べた。

欧州委員会は、消費者向けのIoT関連機器では、大量の個人情報を入手できるため、企業がそうした情報を利用して競争を阻害していないか確認したいと表明した。

EU競争法に違反した企業は、欧州委員会から世界売上高の最大10%の制裁金を科される可能性がある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  10. 10

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。