記事
  • ヒロ

習近平氏の四面楚歌

2/2
NYタイムズが香港支社を韓国ソウルに移すと発表しました。今後、香港にある外国企業がアジアの新拠点を求めて大移動するでしょう。シンガポールは物理的に遠いこともあり、東アジアがその対象になると予想され、その受け入れを期待し、東京都や政府も本腰を入れ始めたところです。

個人的にはは日本は行政の壁が厚くバイアスもかかっているため、香港のような情報とマネーが自由に行き来するような世界と比較するとやりにくいかもしれません。だったら特区を作った方が手っ取り早いかもしれません。個人的には中国に地理的に近く空港の利便がよい福岡か用地がまだある大阪でしょうか?東京ではない気がします。

中国がより一層やりにくくなるのはトランプ大統領が再選した場合です。今回の選挙戦は国内世論が消去法的にバイデン氏に向かっています。とすれば大統領選では異例となる外交政策を駆使し、コロナでストレスをためる国民を一体化させるという手法が残っており、中国をやり玉にトランプ大統領が11月に向けて吠えるという戦略は大いにあり得るとみています。

日本は二階幹事長の立場が厳しくなるかもしれません。既に相当ご機嫌斜めと報じられていますが、習近平氏の国賓来日は香港の対応を考えると一般論からは当然、棚上げです。ご当人はどうにか実現させようとしていますが、日本政府がどっちつかずの態度をとるのはよくありません。それでは朴槿恵政権の際の中国とアメリカの二股外交と同じになってしまいます。正論と外交を堂々と扱えるぐらいの器量を日本も持つべきだと思います。

中国は本当の民主化が進むべきで共産党による人民支配は過去の遺産だということを世界に知らしめるべきであります。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  5. 5

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  6. 6

    環境政策で野党のお株奪う菅首相

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  8. 8

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  9. 9

    次は効かない…日本モデルの功罪

    PRESIDENT Online

  10. 10

    よしのり氏 マスク報道は不正確

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。