記事
  • ロイター

中国国営TV、恒例の番組でバーガーキングとGM合弁を批判


[北京/上海 16日 ロイター] - 中国国営の中央テレビ局(CCTV)は16日に放送した消費者権利の保護をテーマとする恒例の特別番組で、米バーガーキングの商品と米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の中国合弁会社が生産する自動車に問題があると批判した。

同番組は1991年から毎年放送されており、批判の対象となれば販売や広報に影響する可能性があるため、国内外の企業から恐れられている。通常は3月15日の世界消費者権利デーに合わせて放送されるが、今年は新型コロナウイルス流行の影響で延期していた。

過去には米アップル<AAPL.O>や米スターバックス<SBUX.O>がやり玉に挙げられ、企業側はすぐに陳謝している。

今年は主に中国企業が批判され、海外の企業で取り上げられたのはバーガーキングとGMだけだった。米中両国は貿易などの問題で緊張感が高まっている。

バーガーキングはカナダのレストラン・ブランズ・インターナショナル<QSR.TO>傘下にあるが、中国の店舗は主にファストフード大手のタブ・フード・インベストメンツ(TFI)が運営している。番組では中国南東部の南昌にある店舗について、従業員はチーズが3枚入っているはずのハンバーガーに2枚しか入れていないと批判した。

バーガーキングの中国法人は中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」で、同店舗はフランチャイズ加盟店の下請け会社が運営していると説明し、経営管理上の過ちだとして謝罪した。同下請け会社が運営する6店舗を閉鎖し、調査を行うための特別チームを立ち上げたとした。

番組ではまた、広西チワン族自治区にあるGMと上海汽車集団(SAIC)<600104.SS> 、別の現地パートナーとの合弁が生産するスポーツ用多目的車(SUV)「宝駿(Baojun)560」の購入者が変速機の問題について批判した。同合弁は2016年に変速機に問題があるとして同モデルを約1万2000台リコール(回収・無償修理)している。

同合弁は文書で、消費者に不便をかけたことを謝罪し、調査していると説明。「費用がいくらかかっても、われわれが問題の責任を負う」とした。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。