記事
  • ロイター

中国国営TV、恒例の番組でバーガーキングとGM合弁を批判


[北京/上海 16日 ロイター] - 中国国営の中央テレビ局(CCTV)は16日に放送した消費者権利の保護をテーマとする恒例の特別番組で、米バーガーキングの商品と米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の中国合弁会社が生産する自動車に問題があると批判した。

同番組は1991年から毎年放送されており、批判の対象となれば販売や広報に影響する可能性があるため、国内外の企業から恐れられている。通常は3月15日の世界消費者権利デーに合わせて放送されるが、今年は新型コロナウイルス流行の影響で延期していた。

過去には米アップル<AAPL.O>や米スターバックス<SBUX.O>がやり玉に挙げられ、企業側はすぐに陳謝している。

今年は主に中国企業が批判され、海外の企業で取り上げられたのはバーガーキングとGMだけだった。米中両国は貿易などの問題で緊張感が高まっている。

バーガーキングはカナダのレストラン・ブランズ・インターナショナル<QSR.TO>傘下にあるが、中国の店舗は主にファストフード大手のタブ・フード・インベストメンツ(TFI)が運営している。番組では中国南東部の南昌にある店舗について、従業員はチーズが3枚入っているはずのハンバーガーに2枚しか入れていないと批判した。

バーガーキングの中国法人は中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」で、同店舗はフランチャイズ加盟店の下請け会社が運営していると説明し、経営管理上の過ちだとして謝罪した。同下請け会社が運営する6店舗を閉鎖し、調査を行うための特別チームを立ち上げたとした。

番組ではまた、広西チワン族自治区にあるGMと上海汽車集団(SAIC)<600104.SS> 、別の現地パートナーとの合弁が生産するスポーツ用多目的車(SUV)「宝駿(Baojun)560」の購入者が変速機の問題について批判した。同合弁は2016年に変速機に問題があるとして同モデルを約1万2000台リコール(回収・無償修理)している。

同合弁は文書で、消費者に不便をかけたことを謝罪し、調査していると説明。「費用がいくらかかっても、われわれが問題の責任を負う」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  2. 2

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  8. 8

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  9. 9

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。