記事
  • ロイター

独ダイムラー、米でセダンの生産中止 第2四半期EBITは赤字

[フランクフルト 17日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は16日、生産合理化の一環として、米国とメキシコの工場でメルセデス・ベンツのセダンの生産を中止すると発表した。

メキシコのアグアスカリエンテス工場ではメルセデス・ベンツの小型車「Aクラス」の生産を中止し、利益率の高いスポーツ型多目的車(SUV)「GLB」に資源を集中する。

また、米アラバマ州の工場ではセダン「Cクラス」の生産を中止し、SUVに生産を絞るとした。

ドイツの経済専門紙ハンデルスブラットは17日、同社が人員削減を通じて年間20億ユーロのコストを節減する意向だと報道。20億ユーロは2万人以上の人件費に相当するという。

同社はこれまで年間の人件費を14億ユーロ以上削減する方針を示していた。

また同紙は、ダイムラーがブラジルのイラセマポリス工場を売却するかどうか検討しているとも報道。ハンガリーのケチケメート工場の拡張も実現しない可能性が高いという。会社関係者の話として伝えた。

同社は16日、第2・四半期のEBIT(利払い・税引き前損益)が16億8000万ユーロ(19億1000万ドル)の赤字になったと明らかにした。23日の決算発表を前に暫定値を公表した。

ジェフェリーズのアナリスト、フィリップ・ホーチョイス氏は同日付の調査ノートで「ダイムラーは市場予想を上回る第2・四半期暫定決算を公表した」と指摘した。

調整後のEBITは7億0800万ユーロの赤字。新型コロナウイルス対策のディーラーシップ閉鎖や行動制限で販売が低迷した。

第2・四半期はメルセデス・ベンツ乗用車・バン部門のEBITが11億3000万ユーロの赤字で、調整後EBITは2億8400万ユーロの赤字だった。

メルセデスの従業員に対する早期退職募集を含むリストラ策の費用として1億2900万ユーロを計上。また、メルセデス・ベンツ乗用車の世界的な生産調整の費用として6億8700万ユーロを計上した。

同社はフランスのハンバッハ工場の売却方針を既に明らかにしている。

オラ・ケレニウス最高経営責任者(CEO)は「コスト削減と生産能力の調整で損益分岐点を下げる組織全体の取り組みを継続する必要がある」と述べた。

*内容を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  5. 5

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。