記事

小池都知事の新指標と“フリップ芸”に見る警戒感の甘さ

フリップを駆使して会見を行う小池百合子東京都知事(写真/時事通信社)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、新型コロナウイルスの感染状況を評価するための東京都の曖昧な新指標について。

【写真】小顔効果が期待できるといわれる「ユリコマスク」を着ける小池都知事

 * * *

 7月5日に行われた東京都知事選は、小池百合子都知事が歴代2番目の366万1371票を獲得し圧勝した。翌日の会見では、東京都の新型コロナウイルス感染防止に集中したいという2期目の決意を表明したが、東京都の感染者は16日に過去最高の286人を記録し、他県と比べて圧倒的に多くなっている。

 こうした感染者数の増加に、菅義偉官房長官は11日「圧倒的に東京問題」と発言。これに対し小池都知事も、「圧倒的に検査数が多いのが東京」と噛み付き、さらに「Go Toキャンペーン」の実施時期を持ち出して「むしろ国の問題だ」と反撃した。

 もともと仲が悪い、馬が合わないという噂が絶えないこの2人。非難合戦からは、「良い事は自分の手柄、悪い事は相手のせい」という「自己奉仕バイアス」を感じる。それだけでなく、食うか食われるかの政治の世界で、感染対策においても誰が相対的に評価されるのか、「どちらかが得をすればどちらが損をする」という「ゼロサム・バイアス」も関係しているように思えてくる。

 個人間の争いが自治体レベル、国レベルへ飛び火しそうな状況に、メディアは「責任のなすり合い」「責任転嫁」と非難した。感染者数が一向に減らない東京都に対し、情報番組のコメンテーターたちも、小池都知事の論点のすり替えと感染対策への無策を問い始めている。だが、ゼロサム・バイアスが強いほど、張り合う2人が協力的関係になるのは難しい。

 彼らの言いたい事はよく分かる。小池都知事の口からはキャッチーな言葉ばかりが飛び出てくるが、感染状況を評価するため6月30日に新たに公表した指標はあやふやだ。新指標では、コロナの感染状況などを7つの項目でモニタリングし、それをもとに4段階の警戒レベルで呼びかけるとしたが、数値基準もなく複雑で、よく分からない指標になっているのだ。

 4段階の警戒レベルは色分けされ、段階が高くなるほどレベルも強まる。緑で示した1段階は「感染者数の増加が一定程度にとどまっていると思われる」、黄色の2段階は「感染拡大の兆候があると思われる」、オレンジの3段階は「感染が拡大しつつあると思われる」、赤で表した4段階は「感染が拡大していると思われる」である。

 まず感じたのが、警戒レベルの警報に「思われる」という表現はアリなのか?という点だ。明確さを欠く表現にこの指標の曖昧さが見事に表されている。さらに曖昧だったのが、小池都知事が会見で示したお得意のフリップだ。

 東京都では2日、107人の感染者が確認されていた。都知事は、警戒レベル3段階目にあたる状況であるという認識を示し、「感染拡大要警戒」というフリップを掲げたのだが、その色はなんと緑色。緑に白字のフリップである。3段階目はオレンジのはずなのに、なぜ1段階の緑なのか?ここはオレンジでしょう!とテレビに向かってツッコミを入れた。視覚的な色の効果はどこへやら、指標を示す側のいい加減さが見えてくる。

 だが待てよ。緑は確か都知事のイメージカラー。こんな時まで“百合子グリーン”で存在感を強調するのか。さすがは都知事選で圧勝しただけのことはあるなと、妙に感心させられた。

 15日のフリップはさらに混迷を極める。都知事は警戒レベルを最も深刻な「感染拡大警報」へと引き上げた。当然、フリップは4段階目の赤、東京アラート発令時の都庁舎やレインボーブリッジのような真っ赤な色かと思いきや、掲げられたのは下が黄色で上が赤の2色のフリップだったのだ。「なぜ???」しばらくの間、頭の中の大きなハテナマークが消えなかった。感染拡大の兆候があるのか、拡大しているのか、2段階と4段階の中途半端な色分けに、判断の迷いや警戒感の甘さが感じられた。

 とはいえ、警戒感が甘いのは国も同じだ。多くの自治体がGo Toキャンペーンに反対するなか、政府は経済対策の目玉として推し進めようとしている。小池都知事もすかさず「ブレーキとアクセルを同時に踏むようなもの」と反発し、都民に向けて不要不急の都外への外出自粛を呼びかけた。運用見直しで東京は対象外とされたものの、いい加減にこうしたゼロサム・バイアスから抜け出し、足並みを揃えていかなければ、「圧倒的東京問題」と言われたたまま感染者数は増加し、第2波に飲み込まれることになるのではないだろうか。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  10. 10

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。