記事
  • ロイター
  • 2020年07月16日 19:55 (配信日時 07月17日 03:55)

欧州司法裁、米国へのデータ移転枠組みを無効と判断


[ルクセンブルク 16日 ロイター] - 欧州司法裁判所は16日、欧州連合(EU)の個人データを米国に移転することを認める枠組み「プライバシーシールド」を無効とする判断を示した。同枠組みを利用する企業は数千社に上り、情報の移転に支障をきたす恐れがある。

プライバシーシールドは2016年に導入され、多くの企業が利用しているが、米フェイスブック<FB.O>を提訴したプライバシー活動家のマックス・シュレムス氏が、米国による監視のリスクに懸念を示していた。

欧州司法裁は「特定の監視プログラムに関して、それらを実施する権限に制限が設けられていないほか、対象となり得る非米国人に対する保証もなされていない」と判断理由を説明した。

シュレムス氏は「完全な勝訴」とコメント。フェイスブックは「決定を精査し、規制当局の方針を仰ぎたい」とした。

欧州司法裁は、プライバシーシールドの前身制度である「セーフハーバー」についても、シュレムス氏の訴えを受けて、2015年に無効との判断を示している。

ただ欧州司法裁は、別のデータ移転の枠組みである「標準契約条項」については、有効との判断を示した。ただし、データの保護が保証できない場合は、規制当局がEU域外へのデータの移転を停止もしくは禁止すべきだと主張した。

フェイスブックをはじめとする多数の大手企業、自動車メーカーなどは、クラウド・サービス、データ・ホスティング、給与管理、金融、マーケティングなど様々分野でEU域内のデータをEU域外に移転する際に、この標準契約条項を利用している。

標準契約条項に無効判断が出ていた場合、企業はデータ移転の停止に追い込まれていた可能性がある。他の選択肢はコストが高く、複雑でほとんど利用されていない。

シュレムス氏はフェイスブックによる標準契約条項の利用について、データ保護が不十分として訴訟を起こしていた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  7. 7

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  8. 8

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  9. 9

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  10. 10

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。