記事

コロナ禍の大学キャンパス、およびオンライン授業3ヶ月経過後の授業アンケートの結果

1/2

この記事は、Twitterで「#大学生の日常も大事だ」というハッシュタグが注目を集めている中で書いています。

最初、以下で紹介する私の授業アンケートの結果と、ハッシュタグで並ぶ大学生たちの訴えは、けっこう違うな、という感想を持っていました。

しかし考えてみれば、私が取ったアンケートは「授業についてのアンケート」であって「大学生活についてのアンケート」ではない。少し前に、Twitterだと思いますが「オンライン授業には廊下がない」というような発言を見て、至言だと思いました。ここでいう「廊下」は、「すきま」であり「あそび」です。「すきま」や「あそび」は、大事です。根源的に、大事。

オンライン授業について、私は好感も持っていて、可能性も感じています。私のいくつかの授業には、海外から聴講している学生がいます。対面授業であっては、考えられないことです。情報検索の授業をしたときには、授業とネットの世界(含むデジタル資料)がダイレクトにつながる利点を痛感しました。オンライン授業は、あきらかに大学の未来形の一つです。その可能性は伸ばすべきです。

一方、オンライン授業は教員側から言っても味気ない。顔を消した学生たち、名前だけがマス目のように並ぶ画面の前で熱弁を振るいながら、ふと「おれはいったいなにをしているんだ」と我に返ってしまう。「ミーティングを閉じますか」ボタンを押してクラスの空間が消え失せた後の、突然目が覚めたような、取り残されたような、あの落ち着かなさ。

対面であれば、お互いの息づかいがわかったし、授業が終わったあとの余韻があった。その余韻の中で質問に来る学生はいたし、雑談をする学生たちもいた。

キャンパスが恋しい、という学生たちの気持ちは、痛いほどわかる。私も、大学のキャンパスが好きだった学生の一人だったから。食堂や授業前後の教室や、廊下での馬鹿話が好きだったから。学生の居室だった研究室で先輩後輩、仲間と苦楽をともにした経験を持っているから。

ハッシュタグを使って、大学に行きたいと訴える学生の気持ちをわからない大学関係者なんて、実際には少数派だと思う。みんな学生だったんだよ。だから、「君らが何を奪われているのか」、よくわかるつもりだ。けれど、今は、難しい。

いまこのタイミングで、たとえば東京で、対面に踏み切った場合、まず間違いなく大きなクラスタが発生する。そしてそれはとてつもなく大きなダメージを、自分にも周囲にも与えてしまう。完全解禁は、できない。

私たちは、知恵を絞って、大学に「キャンパス」を取り戻さなくてはならない。そこは、構成員のすべてが、その滞在時間のすべてを過ごす場である。勉強をし、対話をし、食事をし、なんなら昼寝をし、考え、笑い、悲しみ、出会い、別れる場である。

対面かオンラインか、という二択だけが我々の選択肢ではないはずだ。廊下や広場やベンチや食堂や購買や図書館や、そうしたすべてが「キャンパスの経験」を形作る。感染を避けながら、キャンパスを取り戻す、そんな賢い選択のために知恵を集めよう。

オンライン授業3ヶ月経過後の授業アンケートの結果

さて、ここからは授業アンケートの結果です。

私の勤務校でも、2020年の前期は全面的にオンライン授業でした。私にとっても学生にとっても初めての経験であり、オンラインでの授業がうまくいっているのかどうか、確かめたくて授業アンケートを採りました。規模の小さな私的調査ではありますが、参考までに以下に結果を公開します。

(なお 公開にあたっては、「無記名で行います。成績とは関係しません。アンケートの結果を個人が特定されない形で、公表することがあります。」と学生に事前に周知しています。)

アンケート対象クラスの概要

アンケートを採ったクラスは次のようなクラスです。

  • 授業は「近現代文学研究入門」という学部向け2年生以上配当の講義系科目。教職免許関連。文学部開講。
  • 出席者は平均30名弱。アンケート回答総数26
  • 回答者の属性は、学部3・4年生19名、修士1年生5名、研究生1名、聴講生1名。全員が人文学を中心とした人社系。
  • アンケート実施日は7月9日。オンライン授業を開始してほぼ3ヶ月後。

以下、結果です。日比の感想は最後に書いてあります。

アンケートの結果

授業に固有の質問項目など、結果の紹介を省略した項目もあります。なお、質問項目の作成に当たっては、ノートルダム女子大学が行った類似のアンケートを参考にしました。感謝です。

2.「近現代文学研究入門」のオンライン授業をこれまで受けて、授業としての「満足度」を5段階で評価して下さい。


3.大学でのさまざまなオンライン授業を受けて,授業としての「満足度」を5段階で総合的に評価して下さい。


4.あなたが現在受けているオンライン授業の形式を教えて下さい。(複数回答)


Google Formsの自動集計で表示が欠けた項目は以下のとおりです。下から4番目「ZOOM、スライド・資料の配付」。下から2番目「LMSでPDF資料配付(音声データ等なし)、それについての課題を毎回提出。」

5.オンライン授業で困っていることについて,選択して下さい。(複数回答)


欠けた項目:上から3番目7.7%「LMSなどの使い方がわからない。」上から5番目23.1%「ネット環境が十分ではない。」真ん中30.8%「オンライン授業・教材に取り組む時間がない。」下から6番目53.8%「ともだちと一緒に学べず孤立感を感じる。」下から4番目「授業内の議論を引き継ぐアンオフィシャルな場がない。」下から2番目「不十分、とは言えないがネット接続がたまに不安定になる。」下から2番目「学校の図書館に本を借りに行きたいのだが、ライブ配信での授業が一日に一コマはあり、なかなか開館時間に行けるタイミングがない。」

6.オンライン授業で良かったと思うことについて,選択して下さい。(複数回答)


欠けた項目:下から4番目「コンピュータやオンラインのツールについて知識やスキルが高まる。」下から2番目「ZOOMの小部屋が、h時とをランダムに振り分けるので、いろんな人と意見交流ができて楽しい。(対面だと、相手が固定になりがちなので)」

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  5. 5

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  6. 6

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  10. 10

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。