記事

リモートワークで広がる“見えない残業”、勤勉な人ほど“やりがい搾取”に…働き方改革の影で、新たなタイプ過労死も

1/2

 「働き方改革」が叫ばれる中にあっても無くならない過労死。辞めたくても辞められない、本当は仕事が好き。14日の『ABEMA Prime』では、そんな理由で長時間労働から抜け出せずに悩んでいる女性を通じて、過労の問題を考えた。

・【映像】月80時間の残業でうつ診断...当事者に聞く "やりがい搾取"で拒めない残業 リモワで隠れ過労死も?

■真面目にやればやるほど、“じゃ、あれもできるでしょ”と…


 印刷系の企業で法人営業を担当しているミキさん(仮名)は、この日、朝5時台に家を出た。睡眠時間は4時間にも満たない。「締め切りの近い提案書が溜まっていて、これでも今日中には終わらないと思う。終わらないから土日に回そうかなと。真面目にやればやるほど、“じゃ、あれもできるでしょ”と同じ人に仕事が集中しがちで…」。

 6月のある週のスケジュールを見てみると、平日の平均睡眠時間は約5時間、それ以外の時間はほぼ仕事で埋まっていた。「特にこの週は起きたら仕事、帰ったら急いで寝て、また明日の仕事に備えなきゃ、という感じで。24時間、仕事のことで頭がいっぱいだった。基本的には移動中もパソコンを開いて、何かしらの仕事をしていた」。


 仕事を終え、帰路についたのは午後9時過ぎ。これでも普段よりは早いという。コンビニで“自分へのご褒美”として砂肝を買った。実はこの2年間、こうした状況がほぼ毎月続いているというミキさん。状況を変えるべく、転職活動を始めてみたこともあるが、忙しさの中で集中することができず、結局やめてしまったという。

■“考えないことで乗り切る”日々が常態化、体調不良に…


 その結果、イライラすることが増え、ついに躁鬱の症状が出ていると診断されてしまう。今も定期的に薬を服用してはいるが、苛立ちや不安は消えない。「恋愛する時間もなく、いい歳で独身なので、このままの働き方を続けてずっと独身なのかなと思うと、暗い感じにはなってしまう。でも、以前は飲みに行って愚痴を言い合えば、“明日からも頑張ろうか”って乗り切ることができていた。それが今はコロナもあってそういう機会が減り、本当にしんどい。電車のホームで“あぁ…”となったこともある。それでも、“こんな会社のために死んだら負けだ”という思いもあって、根性でやるかって…」。

 労働問題に取り組むNPO法人「POSSE」の今野晴貴氏代表は「過重労働の中で相談できる人もいなくなり、その他の選択肢が見えなくなっていく。そして追い込まれてしまった、というケースは本当によくある。しかも、“この状況はおかしいのではないか”と考えることでかえって辛くなってしまうので、“やるしかないんだ”と思い込む。そうやって“考えないことで乗り切る”日々が常態化し、体を壊してしまう。私たちのところに相談に来る方々も、“倒れて初めてこの状況を変えなきゃいけないと思った”とおっしゃる方が非常に多い」と話す。

■リモートワークで広がる“見えない残業”


 翌土曜日は自宅でリモートワーク。出社すると「残業扱い」になり、上司や人事に注意されるからだという。先月の勤務表を見ると、残業時間は83時間と、すでに「過労死ライン」といわれる80時間を超えているが、無申告の自宅での仕事を含めれば、トータルの残業時間はゆうに100時間を超える。

 ミキさんのような働き方は、決して他人事ではない。連合の調べによれば、今年4月以降にテレワークを経験した人のうち、残業を申告しなかったと答えた人は65%以上に上る。さらに、「申請をしても認められなかった」と答えた人は過半数を超えた。コロナ禍によるテレワーク普及の影で、“見えない残業”が広がっているようだ。

 今野氏によると、リモートワークに代表されるように働き方が多様化したことで、「在宅過労死」や「副業過労死」など、新たな「過労死」が出てくることが予想されるという。「リモートワークに切り替える一方、労働時間の管理は自分でやってください、という会社が増えている。しかも、どんなに工夫しても終わらないような仕事量を振ってくる。また、ゆとりがなく働かなければいけない高齢者が増えているが、それに伴って労災率も高まっている。若い人と同じようには働けないのに、企業のケアが行き届かず、無理な働き方をしてしまうからだ」。

■企業による「やりがい搾取」のスパイラルに…


 一方でミキさんは、こうも話す。「仕事が回らなくなりつつあるので、お客さんにも迷惑をかけそうだなと。また、イライラして物に当たってしまったり、人様に迷惑をかけるような症状の出方をしているので、なにかしら改善を図っていかなければいけないとは思っている。それでも結局、やればやるだけ成果が出るので、仕事そのものは楽しい。仕事をもらえた時はやっぱり嬉しいし、お客さんが喜ぶ姿を想像すると、残業してでもやり遂げなきゃ、上司にやんや言われるのが鬱陶しいし、だったら残業つけずにやろう、と考えてしまう…」。

 こうした状況は、「やりがい搾取」とも呼ばれる。今野氏は「経営者が金銭による報酬の代わりに労働者に『やりがい』を強く意識させることにより、その労働力を不当に安く利用する行為のことだ」と説明する。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  5. 5

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  7. 7

    「LGBTで滅びる」削除要請に非難

    女性自身

  8. 8

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。