記事

後藤輝樹氏とスーパークレイジー君、都知事選のお騒がせ候補者たちが政治家としてのガチな一面を披露

 14日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、東京都知事選をザワつかせた候補者たちが真面目な政治家としての一面を見せた。


 この日は「衝撃の都知事選候補SP」と題して、東京都知事選に立候補した後藤輝樹氏と「スーパークレイジー君」こと西本誠氏、選挙に詳しいフリーライター・畠山理仁氏をゲストに招きトークを展開。

 2人はクセの強い選挙ポスターを筆頭に、後藤氏はオムツ一丁での政権放送、西本氏は街頭演説でダンスを披露するなど“イロモノ”として見られがちだが、この日は政治家としてどのような考えを持っているのか、政策について論じ合った。

 後藤氏が最初に掲げたのが、選挙に立候補をする際に必要となる供託金を2000円にするというもの(現状、都知事選の場合は300万円)。政治にエントリーしやすくすることで「政治の活性化」が図れると説明し、他にも「東京をIT年にしたい」「満員電車解消」といった政策を打ち出した。

 西本氏はまず「汚職議員撲滅」が必要だと提示して、お金の力で結果が左右されるような選挙に対して問題提起。それ以外には「孤児院乳児院の強化」「不良更生施設増加」といった、守ってくれる人がいなかったり、アウトサイダーになってしまった人たちをフォローする体制を拡充すべきだと訴えた。

 両者の政策は視聴者投票によって支持するか否かの意見を募ったが、小沢一敬がすべての政策が半数以上の賛同を得たことを指摘すると、後藤氏と西本氏は視聴者に対して感謝。

 しかし小沢は「『どうしても満員電車がいい』という人が18パーいましたけど……」と、満場一致で賛成かと思われた「満員電車解消」を支持しない視聴者が18.1パーセントおり、スタジオがザワついたことを蒸し返して笑いを誘っていた。

▶︎動画:後藤輝樹&西本誠 もう泡沫候補と呼ばせない。

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  7. 7

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  8. 8

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

  10. 10

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。