記事

東京都医師会会長が「Not go toキャンペーン」提案 飲み会や会食の自粛呼びかけ

東京都内の新型コロナウイルス感染者数が16日は過去最多となる280人台が見込まれるなど、第2波の到来が懸念される中、政府は22日から全国各地の観光産業の支援を目指す「Go Toキャンペーン」に乗り出す方針だ。

そんな中、東京都医師会会長で、都政とも強いパイプを持つ尾崎治夫氏が自身のFacebookを更新。「Not go toキャンペーン」と政府の政策を皮肉ったかのような表現で、7月中の飲み会や会食の自粛を呼びかけた。

政府の「Go Toキャンペーン」に直接的には言及されていないが、そのネーミングもあって話題を呼びそうだ。

都内外での飲み会や会食の自粛を呼びかけ

尾崎氏は14日午後8時ごろ、Facebookに投稿した。「第2波かもしれない現状に対して東京都医師会長からのお願い」と銘打って、接待を伴う飲食店に加えて「仲間内の飲み会、会食での感染例も、唾液による飛沫感染が起きていると考えられます」と現状を説明している。

特に、アルコールを飲んで大声を出すことで飛沫感染が広がることに懸念を示し、飲食を通じて感染が拡大する危険性を強調している。「4日後には、あなたがうつす側に回るかもしれません」「危ない行為は避けましょう」と呼びかけている。

政府を皮肉ったような“Not go to”

投稿の最後には「Not go toキャンペーン」と題して提案を示している。

都内のみならず都外でも飲み会や会食を控えることを訴えつつ、どうしても必要な際にはガイドラインを遵守した店を少人数で使用することを求めている。その上で、「第一波の時のように、連休中の気の緩みを再び繰り返してはいけない」と結んだ。

尾崎氏は順天堂大学医学部を卒業し、2015年から東京都医師会会長。都医師会と自民党との強いつながりがかねて指摘される中にあって、4月7日の政府による緊急事態宣言の発令を前に、外出自粛を呼びかける医師会独自の「医療的緊急事態」を宣言したり、政権批判を展開したりするなど、信念に基づいた歯に衣着せぬ発言でも知られる。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

  10. 10

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。