記事
  • ロイター

NZの第2四半期CPIは前期比‐0.5%、4年ぶりの大幅低下

[シドニー 16日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)統計局が発表した第2・四半期の消費者物価指数(CPI)は前期比0.5%低下し、4年ぶりの大幅な落ち込みとなった。新型コロナウイルス対策で、経済活動の大部分が停止されていたことが背景。また、原油安でガソリン価格が大きく下落した。

CPIの低下幅は市場予想と一致した。第1・四半期は前期比0.8%上昇していた。

統計局のアーロン・ベック氏は「新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)は大きな変動と不透明感をもたらしている」と指摘した。

ロックダウンが導入されている間、公共交通機関など一部のサービスは無料となったほか、ホテル料金が大きく値下がりした。

前年比のCPI上昇率は1.5%と、8年ぶりの高い伸びを記録した前期の2.5%から鈍化した。目標(1─3%)の中間値を上回る水準へのインフレ押し上げを目指すNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)にとって、失望を誘う内容となった。

同国は新型コロナの感染をほぼ封じ込め、経済再開が可能になったことから、経済状況は6月に明らかに改善している。ただ、失業率の上昇が見込まれる中、賃金の伸びは抑制されており、見通しは弱い。

ウエストパックのシニアエコノミスト、マイケル・ゴードン氏は「中期的にはサプライサイドの障害で供給が抑制されても、それ以上に需要が弱い状況となるとみられ、インフレ圧力の低下につながるだろう。経済は完全雇用を下回る状況が長期にわたって続く見通しだ」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  2. 2

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  4. 4

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  6. 6

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  7. 7

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  8. 8

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  9. 9

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 菅首相の自助発言に賛同

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。