記事

安倍首相のスピーチが「言い訳ばかり」に聞こえる根本原因

1/2

4月7日、緊急事態宣言の発出に際して、安倍晋三首相は約25分間のスピーチを行った。社会学者の橋爪大三郎氏は「このスピーチを文字に起こすと約5600字。プロの手は入っているが、言い訳や力みのフレーズが多く、結局なにを言いたいのかわからない。私が添削すると約半分に削る事ができた」という――。

※本稿は、橋爪大三郎『パワースピーチ入門』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

「新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見」(4月7日)
「新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見」(4月7日) - 首相官邸ウェブサイトより

■並々ならぬ覚悟で臨んだはずの「緊急事態宣言のスピーチ」だが

安倍首相は、二○二○年四月七日、緊急事態宣言を発するにあたり、午後六時から記者会見を行なった。まず、約二十五分におよぶスピーチをし、そのあと記者の質問に答えた。

コロナ危機で、各国のリーダーは指導力を問われた。ドイツのメルケル首相や韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領、台湾の蔡英文総統やニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相など、国民の信頼をかちえ評価を高めた指導者は多い。

安倍首相は、対策が出遅れ、指導力に疑問符がついた。「困窮世帯に三○万円」支給するとした補正予算案を、公明党などの要求で「全員に一○万円」支給にあわてて組み替えざるをえなくなり、面目をつぶした。各世帯に二枚ずつ配布する布製の「アベノマスク」も、不良品が多く配布も遅れて、さんざんな評判だ。コロナ危機で国民が信頼するリーダーの国際比較で最下位、という調査結果もある。

安倍首相は世論の評判を、人一倍気にしていたろう。それもあって、このスピーチには並々ならぬ覚悟で臨んだはずだ。

以下、私はいろいろ駄目出しをする。それは、私がかりに首相のブレーンだったら、こういう点を注意しますよ、という意味である。とにかく、スピーチをよくしよう。そうすればそのぶん、政治がよくなる(順番が違うような気もするが、そういう側面が確かにある)。

■「トピック・センテンス・メソッド」によるスピーチの組み立て

さて、このスピーチの原稿を誰が準備したのか知らないが、それを、大勢でチェックしたはずだ。いちおうプロの手が入っている。

たとえば、段落がいくつもあるが、それぞれの段落はまとまったことをのべていて、別な話はつぎの段落でのべる。いわゆる、「トピック・センテンス・メソッド」によっている(このメソッドのことは、木下是雄『理科系の作文技術』〔一九八一年、中公新書〕を参照してほしい)。

■4月7日、安倍首相の緊急事態宣言を解剖して赤字を入れよう

そこで、このスピーチの段落を、すべて列挙して内容を整理してみよう。段落の内容を簡単にまとめ、番号をつけてみた。

〔1〕医療従事者に感謝します

〔2〕医療現場を守ります

〔3〕医療現場は危機的な状況です

〔4〕緊急事態宣言を七都府県に発します

〔5〕感染を防ぐため外出しないでください

〔6〕五月六日まで外出自粛をお願いします

〔7〕テレワークをお願いします

〔8〕オンライン学習、診療をしましょう

〔9〕外出はよいが「三密」はいけません

〔10〕マスクをして感染を避けてください

〔11〕経済への影響は避けられません

〔12〕一○八兆円の経済対策を実施します

〔13〕中小企業に給付金を出します

〔14〕ロックダウンではありません

〔15〕地方に行かないでください

〔16〕社会機能は維持します

〔17〕全ては皆さんの行動にかかっています

〔18〕不安ですが希望は生まれています

〔19〕現場に復帰する看護師の皆さんがいます

〔20〕力を合わせれば試練を乗り越えられます

全体を読んでみた印象。いろんな内容を詰め込みすぎである。長すぎる。メッセージの本筋がはっきりしない。「しかし」「けれども」など留保が多くて、歯切れが悪い。もっと言いたいことを、ストレートに言えばよい。

橋爪大三郎『パワースピーチ入門』(KADOKAWA)橋爪大三郎『パワースピーチ入門』(KADOKAWA)

とコメントすると、安倍首相のスピーチに難癖をつけていると思われそうだ。

そうではない。日本の政治家のスピーチは一般に、ひどいのが多い。安倍首相のこのスピーチは公平にみて、平均点かそれ以上だ。段落のつくり方など、よく考えてある。

みんなが知っているスピーチだから、取り上げるのだ。首相だから、人びとの期待値は高い。きつめの駄目出しがあっても、我慢してもらいたい。

以下、具体的にみていこう。

■なぜ本題から入らない?

まず最初に腑に落ちないのは、なぜ〔1〕「医療従事者に感謝します」からスピーチを始めるのか、である。

この記者会見は、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の緊急事態宣言をするから開いた。「このたび、緊急事態を宣言することにしました」と始まらなければならない。〔4〕「緊急事態宣言を七都府県に発します」を冒頭にもってくるべきだった。医療従事者に感謝したければ、あとで言えばよい。

これは私の想像だが、原案ではそうなっていたのを、「医療従事者に冒頭、まず感謝をしたほうが、印象がいいと思います」と誰かが言い出した。それもそうだということになった。その結果、スピーチの構成がガタガタになってしまった。

医療について触れるのは、コロナ危機の全体像を説明したあとのほうがいい。そして、〔3〕「医療現場は危機的な状況です」→〔2〕「医療現場を守ります」→〔1〕「医療従事者に感謝します」の順番だと自然だ。

■なぜコロナ危機の全体像を説明しない?

スピーチの全体を聞いても、コロナ危機がどういう事態で、政府が何をしようというのか、よくわからない。マスメディアの報道の切り貼りみたいな、散漫な印象を受ける。

これは、安倍首相のスピーチに限らない。たいていの政治家の発言もそうなのだ。(最近、一部の知事たちが、明確なメッセージを発するようになった。よいことだ。)

■それでは添削を開始しよう「半分の長さでよい」

安倍首相のスピーチを、どう添削しようか。まず、短くしよう。半分の長さでよいと思う。あれもこれもと、詰め込むから長くなる。結局何を言いたいのか、はっきりさせ、それ以外の部分はカットする。段落の数が二〇あるが、少し減らす。

たとえば、〔4〕「緊急事態宣言を七都府県に発します」の段落には、こうある。

《本日は、この記者会見に尾身先生にも同席いただいておりますが、先ほど諮問委員会の御賛同も得ましたので、特別措置法第三二条に基づき、緊急事態宣言を発出することといたします。対象となる範囲は、関東の一都三県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、関西の大阪府と兵庫県、そして九州の福岡県であります。最も感染者が多い東京都では、政府として今月中を目途に五輪関係施設を改修し、八〇〇名規模で軽症者を受け入れる施設を整備する予定です。今回の緊急事態宣言に伴い、必要があれば、ここに自衛隊などの医療スタッフを動員し、特別措置法四八条に基づく臨時の医療施設として活用することも可能であると考えています。》

「この記者会見に尾身先生にも同席……特別措置法第三二条に基づき」は、余計なのでカットする。「専門家の賛同を得た」とつけ加えるのは、責任逃れだと思われる。「最も感染者が多い東京都では……活用することも可能であると考えています」は、急に細かい話になっているうえ、なぜこの段落に入っているのかも不明。カットする。

すると、こうなる。

《本日、緊急事態を宣言します。その範囲は、関東では、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県。関西では、大阪府と兵庫県。九州の福岡県。合わせて七つの都府県です。》

言っていることはこれだけだから、簡単なほうがよい。言葉も時間も、公共のものだ。法的根拠をどうしても示したい場合は、つぎのようにつけ加える。

《この緊急事態宣言は、新型インフルエンザ等対策特別措置法の、第三二条にもとづくものです。さきほど、諮問委員会にも諮り、賛成をえました。》

もっともこういうことは、テレビ番組や新聞報道が必ず補足してくれるので、首相がわざわざ言わなくてもよい。

■順番をこうやって整理するとすっきりわかりやすい

段落の順番も、変更しよう。

〔4〕〔3〕〔2〕〔1〕、とするのが一案だ、と先にのべた。

だが、それだと、医療現場の話に引っ張られすぎだ。本筋(人命が大事→感染予防のため外出規制が必要→緊急事態宣言→市民と企業の損害→補償措置)が見えなくならないように、〔4〕のあとは、この順番がよいだろう。

a.緊急事態宣言を出しました〔4〕

b.感染防止で外出制限をします〔5〕〔6〕〔7〕〔8〕〔9〕〔10〕〔15〕

c.医療現場を支援します〔3〕〔2〕〔1〕〔19〕

d.社会機能は維持します〔14〕〔16〕

e.経済対策をします〔11〕〔12〕〔13〕

f.皆で頑張れば希望があります〔17〕〔18〕〔20〕

これで、スピーチの流れはできる。bが不釣り合いに大きいので、圧縮する。

このように元のスピーチを手直しして、「修正A案」をつくった。(本稿文末に掲載)

■「修正A案」のポイント

「修正A案」は以下のようだ。この原稿の楽しみ方。

第一に、文末に掲載した修正A案(段落a~f)まで通して読む。スピーチ原稿として、楽しんでほしい。

第二に、安倍首相のオリジナル原稿を読んで、それからもう一度「修正A案」を読む。印象の違いをじっくり味わう。

第三に、オリジナル原稿がどう修正されたか、段落ごとに具体的に確かめる。スピーチ原稿を書くのに役立つヒントがいっぱいみつかる。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  7. 7

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  8. 8

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  9. 9

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  10. 10

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。