記事
  • ロイター
  • 2020年07月16日 08:20 (配信日時 07月16日 08:19)

米国務長官、ロシアの欧州・トルコ向け送油管関連企業に制裁警告


[ワシントン 15日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は15日の記者会見で、ロシアから欧州とトルコに天然ガスを輸送する2本のパイプラインに関係している企業について、米国の制裁対象になる可能性があると述べた。ロシアが欧州やトルコへの影響力を拡大するのを阻止する狙いとみられる。

パイプラインの名称はロシア-ドイツ間が「ノルドストリーム2」、ロシア-トルコ間が「トルコストリーム」。ポンペオ氏は「ロシアの悪影響を広げるプロジェクトを後押しする企業は許されないとはっきり警告する」と言い切った。

米国は国内でだぶついている液化天然ガス(LNG)を欧州に輸出することを目指しているほか、欧州がノルウェーなどロシア以外からLNGを調達する取り組みも支援している。

ロシア外務省の報道官は「これは不公正な競争を生み出すための政治的圧力の行使だ。強制手段のほかに有効な手がないという、米国のシステムのもろさを示している」と論評した。

ノルドストリーム2の建設は昨年12月、請け負っていたスイス・オランダ系企業の撤退で中断した。トランプ大統領が今回とは別の形の制裁を盛り込んだ国防関連法案に署名したことが理由だった。

ただ、残りの工区はロシア国営のガスプロム<GAZP.MM>主導で完成される可能性がある。ガスプロムはコメント要請に応じなかった。

そのほかノルドストリーム2には、英・オランダ系石油会社ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>や、オーストリア、ドイツ、フランスの企業なども関係している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  10. 10

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。