記事
  • ロイター
  • 2020年07月15日 22:40 (配信日時 07月15日 22:39)

トランプ氏、英のファーウェイ排除決定は「自分の手柄」


[ロンドン/北京 15日 ロイター] - トランプ米大統領は、英国のジョンソン首相による中国・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]製品を第5世代(5G)移動通信システムから排除する決定について、自身が貢献したとの認識を示した。

ジョンソン首相は14日、ファーウェイの製品を2027年までに5G移動通信システムから完全に排除すると発表。当初は同社の限定的な参入を容認する姿勢だったが、方針転換した。

トランプ大統領は「ファーウェイ製品には多大な安全保障上のリスクがあるため、われわれは多くの国に採用しないよう説得してきた。その大半は私自身が手掛けた」と強調。「米国との取引を望むのであれば、ファーウェイ製品は使わないよう多くの国に伝えてきた」と語った。

米国は安全保障上の理由でファーウェイ製品を5G通信網から締め出すよう繰り返し要請していた。

英国は、トランプ大統領がファーウェイ排除の全責任を負っているわけではないとの認識を示し、トランプ氏の発言を退けた。ハンコック英保健相は「トランプ氏のことについては、皆分かっているはずだ」と述べた。

中国はトランプ大統領の発言に反発。外務省の華春瑩報道官は「ファーウェイ禁止が国家安全保障とは何ら関連がなく、極めて政治色の強い操作であることが改めて示された」とし、「ファーウェイを排除する英国の決定は英国の利益を阻害する。世界は大きく、英国は比較的小さい国だ」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  6. 6

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。