記事
  • ロイター

トランプ氏、英のファーウェイ排除決定は「自分の手柄」


[ロンドン/北京 15日 ロイター] - トランプ米大統領は、英国のジョンソン首相による中国・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]製品を第5世代(5G)移動通信システムから排除する決定について、自身が貢献したとの認識を示した。

ジョンソン首相は14日、ファーウェイの製品を2027年までに5G移動通信システムから完全に排除すると発表。当初は同社の限定的な参入を容認する姿勢だったが、方針転換した。

トランプ大統領は「ファーウェイ製品には多大な安全保障上のリスクがあるため、われわれは多くの国に採用しないよう説得してきた。その大半は私自身が手掛けた」と強調。「米国との取引を望むのであれば、ファーウェイ製品は使わないよう多くの国に伝えてきた」と語った。

米国は安全保障上の理由でファーウェイ製品を5G通信網から締め出すよう繰り返し要請していた。

英国は、トランプ大統領がファーウェイ排除の全責任を負っているわけではないとの認識を示し、トランプ氏の発言を退けた。ハンコック英保健相は「トランプ氏のことについては、皆分かっているはずだ」と述べた。

中国はトランプ大統領の発言に反発。外務省の華春瑩報道官は「ファーウェイ禁止が国家安全保障とは何ら関連がなく、極めて政治色の強い操作であることが改めて示された」とし、「ファーウェイを排除する英国の決定は英国の利益を阻害する。世界は大きく、英国は比較的小さい国だ」と語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  4. 4

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  5. 5

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  6. 6

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  7. 7

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。