記事
  • ロイター

アジア株式市場サマリー(15日)

[15日 ロイター] - 中国株式市場は不安定な値動きの中、続落して引けた。米政府が香港の優遇措置を廃止したことを受けて市場心理が悪化した。ただ、強気相場を受けた活発な取引に衰えは見えない。

上海総合指数<.SSEC>終値は53.3142ポイント(1.56%)安の3361.3044。

上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>終値は62.222ポイント(1.29%)安の4744.469。

深セン総合指数<.SZSC>は2.07%安。深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」総合指数<.CNT>は1.60%安。

モルガン・スタンレーの株式ストラテジストはリポートで「A株市場の強気相場を促してきた大きな要因に変化はない。ただ、短期的には規制当局の過熱抑制策や、米中の緊張再燃を警戒している」と述べた。

香港株式市場はほぼ変わらず。国家安全維持法巡る米国の措置を嫌気し、前場は下げていたが、前日終値付近まで戻して引けた。

ハンセン指数<.HSI>終値は3.69ポイント(0.01%)高の25481.58。

ハンセン中国企業株指数(H株指数)<.HSCE>終値は14.73ポイント(0.14%)安の10390.54。

ソウル株式市場は反発して引けた。終値としては5カ月ぶりの高値水準となった。新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験(治験)で良好な結果が出たことを受け、リスク選好が強まった。

総合株価指数(KOSPI)は2月19日以来の高値を付けた。

前日の米株式市場は大幅上昇し、投資家心理を押し上げた。米バイオ医薬品企業モデルナ<MRNA.O>の株価は一時、18%急伸。同社のワクチンが初期段階の治験で安全性が示されたことを受けた。

外国人投資家は2678億ウォン相当の買い越し。

シドニー株式市場は反発して引けた。前日上昇した米国株式市場に追随した。  

新型コロナウイルスの再拡大を抑制するために、厳格な規制措置が実施されているにもかかわらず、S&P/ASX200指数は6月30日以来の高値水準となった。  

米株式市場では前日、ダウ平均株価が2%超上昇するなど主要指数が上昇した。  

OCBCのアナリストらはノートで、米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事が景気下支えのための追加策を示唆したことを受け、米株式は急伸したと指摘した。  

鉱業株指数<.AXMM>は2.7%高。  

ハイテク株指数<.AXIJ>は2.77%上昇。ワイズテック・グローバル<WTC.AX>が4.58%高、EMLペイメンツ<EML.AX>が4.5%高。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。