記事
  • ロイター

印リライアンスのデジタル部門、米グーグルも45億ドル出資


[ニューデリー 15日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは、インドの複合企業リライアンス・インダストリーズ<RELI.NS>のデジタル事業子会社ジオ・プラットフォームズの株式7.7%を45億ドルで取得する。リライアンスのアンバニ会長が15日明らかにした。

米IT(情報技術)大手ではフェイスブック<FB.O>も4月下旬にジオへの出資を発表している。グーグルの出資で、ここ数カ月のジオへの戦略出資は1兆5200億ルピー(202億2000万ドル)となった。

グーグルの出資で換算すると、ジオの企業価値は4兆3600億ルピー(580億1000万ドル)となる。

グーグルは株式取得完了後、ジオに取締役1人を派遣する。

アルファベットのピチャイ最高経営責任者(CEO)は13日、株式取得や提携の形で今後5─7年にインドに100億ドル投資する方針を示したばかり。[nL3N2EK34C]

ピチャイ氏は動画メッセージでジオへの出資について、100億ドルの基金を通じた投資の「最初で最大の案件だ」と述べた。

リライアンスはスマートホームやコネクテッドカー(つながる車)、セキュリティーシステムなどの分野で事業拡大を目指しており、グーグルの出資がこうした取り組みを後押しする可能性がある。

アンバニ氏は、ジオが4Gもしくは次世代通信規格「5G」に対応した低価格のスマートフォン開発を目指すと述べ、これらのスマホ向けにグーグルと協力してアンドロイドをベースとした基本ソフト(OS)を構築するとした。

グーグルでアンドロイドやアプリ配信の「グーグルプレー」を担当するバイスプレジデント、スミア・サマット氏はロイターに対し、「スマホとともにアプリやグーグルプレーのサービスがインドでより多くの人に利用可能となるようにしたい」と述べた。端末の詳細や生産での提携先についてはコメントを控えた。

インドは人口13億人のうちインターネット利用者は約5億人とされ、ジオとの提携でグーグルはユーザーの拡大が期待できる。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  5. 5

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  6. 6

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。