記事

【衆院予算委】「政府が撤回することを求める」馬淵議員がGoToキャンペーン前倒しの撤回を要求


 「政府が撤回することを求める」。15日、衆院予算委員会が開かれ 馬淵澄夫議員が質疑した。馬淵議員は、政府が22日に前倒しで始めることを発表したGoToトラベルキャンペーンについて、新型コロナウイルスの感染症の拡大が払拭されたことがあやふやな状況でおこなうべきではないと強く求めた。

 馬淵議員は、新型コロナウイルス感染症の拡大と豪雨災害の複合災害が発生しており、従来の災害対応への考えを改めて、避難所には密集しないなどの体制を恒常的に確立しないといけないと考えを述べた。熊本県の避難所で応援にあたっていた香川県高松市の職員が新型コロナウイルスに感染していたことを例に出し、「派遣前にPCR検査をして、陰性の確認をおこなう統一的指針を出すべき」と提案した。

 平将明防災担当副大臣は、「PCRの統一的導入は自治体のニーズに的確に答えられない」としながらも、「ボランティアについてはいろいろな可能性が出てくると思う」と答弁した。

 また、4月7日に閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の内容に「GoToキャンペーン(仮称)として、新型コロナウイルス感染症の拡大が収束した後の一定期間に限定して、官民一体型の消費喚起キャンペーンを実施する」と記載されていることを示し、「新型コロナウイルスは収束したと判断したのか」と西村担当大臣に質問。

 西村大臣は「緊急事態宣言を発出した大きな流行を収束させたのちのキャンペーンだ」と答弁したが、馬淵議員は「大きな流行を収束」と閣議決定の解釈を変えていることを言い逃れだと指摘し、「不安の払しょくどころではない増幅だ。引き続き警戒感をもって感染状況を注視する。収束していないなら実施すべきではない」と強調した。そのうえで閣議決定の責任者は安倍総理だと述べ、「安倍総理は集中審議で国民の皆さんにどういう状況か説明するのが本筋だ」と主張した。

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  6. 6

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  9. 9

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  10. 10

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。