記事

【読書感想】ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか

1/2

ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか

ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか

  • 作者:酒井大輔
  • 発売日: 2020/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Kindle版もあります。

【全編コロナ後、書き下ろし! 「ワークマン初のビジネス書」誕生】
作業服専門店がアウトドアショップに転身!?
商品を全く変えず、売り方を変えただけで2倍売れた、
「アパレル史上に残る革命」の舞台裏を渾身ルポ!

消費増税も、新型コロナ禍も、全く揺るがぬ右肩成長。
ワークマンはなぜ、強いのか。その強さは、本物か。
ビジネスモデルのすべてに迫ったノンフィクションの決定版が登場。

●新業態「ワークマンプラス」は、なぜ生まれたのか?
●「ワークマンを変えた男」とは?
●実は「データ経営」企業だった!
●販促費を全くかけずに売り切る秘策!?
●まだまだある「第2、第3のワークマンプラス」

初出し情報多数。
国内店舗数でもコスパでも「ユニクロ超え」を果たしたワークマン、
大躍進のカラクリを仕掛け人が独占激白!

 ずっと九州北部在住で、作業服を買いに行くこともない僕は『ワークマン』を目に留めることがありませんでした。
 もちろん、いままでの人生のなかで、何度も『ワークマン』の店舗の横を車で通ってきたはずなのですが。

 そんな『ワークマン』を意識するようになったのは、ここ数年間、『ワークマン』という会社や「ワークマン女子」がメディアで盛んに採りあげられるようになり、株価が右肩上がりで高くなり続けているのを目の当たりにしてから、だったのです。

 いやしかし、作業服の店が、なんでこんなに話題になり、一株1万円とかになっているんだ?

 この本は、その『ワークマン』の成長戦略について、そのキーパーソンである商社出身の専務の話を中心に紹介したものです。
 
 『ワークマン』は、1980年に群馬県伊勢崎氏で誕生しました。
 1号店は、わずか16坪(53平方メートル)の小さな店で、店の名前通りの「作業服の専門店」だったそうです。
 
 そんな『ワークマン』は、安さと機能性で、職人たちに圧倒的に指示され、店舗を拡大していったのですが、ある「挑戦」によって、急激な成長を遂げていくことになります。

あわせて読みたい

「ワークマン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  4. 4

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トランプ氏 レバノン爆発は攻撃

    ロイター

  7. 7

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。