記事

酷評『GoToトラベル』が投げかける「地方経済か感染症対策かのトロッコ問題」

 安倍政権が繰り出す『GO TO』キャンペーンの目玉である「Go To トラベル」が評判悪すぎて鼻水が出るわけですが、政府の真意も理解はできます。このままいくと、地方経済がガチで倒れるだけでなく、コロナ対策予算として積み上げた企業向けの「新型コロナ感染症特別貸付」などの各種無利子無担保枠の拡大で地方で頑張る企業への貸付が軒並み焦げ付く危険性すらでてきておるのです。

 しかも、よせばいいのに政府系金融機関(商工中金や日本政策金融公庫など)だけではなく民間金融機関にも支援窓口を用意していて、正直これ単体で言えば本来は「経済産業省も金融庁も総務省他各省庁も短期間で良く調整してくれた」と褒められるべき政策のはずが、地方経済ごと総崩れになって地方金融機関の経営問題に直撃をすることになると「お前ら何をしてくれちゃってるの?」というお叱りに一変するという大変リスキーな事態になってしまうのであります。



 この辺は、コロナ騒動がいつ終息するのか、経済再開までもたせられるのかという「読み」が外れた、実際にはもっと深刻な事態だったけど、できることを全部やろうとした結果、総力戦が玉砕になりかねないことになります。ここまでは、政府は別に悪くないんですよね。

 でもねえ、もう財源がないんだよ。

 もっと国債出せばいいじゃん、んで日銀に買わせればいいじゃんと気軽に言う人は多いのですが、そんなことをしたら死ななくてもいい人が死に、将来の世代に借金だけ残すことになるので現役世代で回せるところまで頑張って回し、死んでも仕方がない人は死んでください的な議論が勃発してトロッコ問題に発展することになります。 つまり、『Go To トラベル』自体がトロッコ感の強いアクションで、究極の選択を安倍政権に突き付けている、とも言えます。

 このままいくと: 観光業を中心に、まず地方経済が大きく低迷する。産業を担ってきた民間への貸し付けが破綻急増と共に焦げ付き、不良債権となって地方金融機関の経営を直撃する。地域金融の再編を待ったなしで進めるにあたり、地方経済はオケラになり、受け皿金融機関を作る際に兆円規模の公的資金注入を余儀なくされる。福島や北海道、熊本と違い、全国的に発生する地方経済衰退のため短期の復興をさせるための予算確保がむつかしい。

 「Go To トラベル」なら: 8月上旬からの事業開始で、地方観光業の見た目の売上がほんのり回復するため、10月からの破綻ラッシュは回避できる予感がする。ただし、1.7兆円規模でしかないため、我が国の巨大な観光業市場全体を支えられる期間は短く、一時的なカンフル剤に留まる。もって2週間から1か月程度の延命であるが、その間にコロナが終息の方向に向かうことを国民みんなで祈る、しかし、「Go To トラベル」のお陰で無症状のウイルス感染者が地方都市にたくさん訪問して日本中でコロナ祭りになる恐れもある。

 どっち転んでも大惨事なので、みんな操縦は安倍晋三さんにお任せして、何か安倍ちゃん周辺がやらかすたびに文句だけ言っていればいいという楽なポジションを取りたいというのも事実なんですよね。その点では、安倍官邸はお友達だと揶揄されても責任をしっかり背負って政策実現しているあたりは頭が下がる一方、もう少しやるべきことを精査したほうが良かったんじゃないのとも思います。

 日本の観光業は実のところそれだけ巨大なのだ、ちょっとやそっとの予算投下では救われないのだ、という事実については、中田先生が記事を書いておられるのでこちらをご覧ください。

しかし、このままだと観光産業は死ぬ ~Go Toトラベルをどう考えればいいのか~(中田大悟) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/nakatadaigo/20200714-00188107/

 まだこの「Go To トラベル」事業に対する世論調査は出揃っていませんが、都市部も地方も概ね酷評されるであろう不人気極まりない政策に仕上がっていると思われます。どうもこう、事態を甘く見た官邸内の経済再開派が珍しく各種調整をスピーディーに済ませた結果、打ち手がことごとく事態の更なる悪化に見舞われて死に金に終わるという残念な結果になっているのが気になります。

 「コロナ騒動は夏ごろまでには終息しているはずだ」という読みは、まあ確かに希望的観測以上に現実味があると思っていたから調整が進んでいたわけですが。

 ただ、実際には日本には神風はもう吹かず、経済再開とともに感染拡大が進んでコロナ対応劣等国に転落する恐れが強くなります。さて、どうしたものかと思うわけですが。

 「経済再開のためにどのくらい感染のペースを抑える活動が取れればよいのか試算しようぜ」って話は次世代政策基盤研究所でもモデル計算しようぜという話は出ているのですが、いかんせん有識者会議がいろいろアレなのでみんな大変だなあと思っております。

次世代基盤政策研究所(NFI) 緊急シンポジウム ポストコロナ時代の災害に次世代基盤政策が果たす役割とは https://nfi-japan-symposium02.peatix.com/

次世代基盤政策研究所(NFI)https://www.nfi-japan.org/

 世の中、うまくいかないときってこんなもんなんですかね。

山本一郎(やまもといちろう)YouTube
やまもといちろう文春オンライン記事一覧
やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  3. 3

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ後遺症だけが特別ではない

    名月論

  5. 5

    玉木代表は合流賛成派に耳貸すな

    早川忠孝

  6. 6

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

  7. 7

    北兵士に緊張 5人餓死の異常事態

    高英起

  8. 8

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  9. 9

    唐揚げは手抜き? 男性発言に疑問

    諌山裕

  10. 10

    優れた人が性癖で失敗する難しさ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。