記事

頭のいい子ほど「コロナ休校」が学力向上にプラスとなったワケ

1/2

新型コロナ感染拡大を受け、いまだにオンライン授業だけという進学塾は珍しくない。都内の中学受験塾代表・矢野耕平さんは「同業者は『この自粛期間にトップ層は学力を相当伸ばせたはずだ』と話している。トップ層はオンライン授業でも大丈夫だが、そうした生徒は全体の1割未満だろう」という——。

自宅でオンラインレッスンを受ける笑顔の男子生徒

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/allensima

オンライン授業に耐えられず、親子げんかが勃発

過日、ひとりの小学生保護者がわたしの塾に「転塾」の相談にやってきた。

「いま通っている塾はコロナ感染予防のため、夏いっぱいまでZoomを用いたオンライン授業しかおこなわないので、親としてもう耐えられないと思い、こうして面談をお願いした次第です」

開口一番、こんな悩みをわたしに打ち明けた。わたしの塾は6月よりライブ授業、つまりコロナ以前の集団授業を再開している。いったいその保護者は何が「耐えられない」のか。話を伺うと、オンライン授業には次のような問題点があるという。

1:オンライン授業だと子どもの集中力が続かず、学力を伸ばせそうにない。
2:リモートワークで自宅にいることが多くなった両親は、子の学習の様子が目に入る機会が多くなり、1のような子の学習状況にいら立ってしまう。
3:子に注意を与えると「逆ギレ」されてしまい、親子で大げんかになってしまう。

実はこの手の相談はレアなものではない。6月に入ってからわたしの塾に問い合わせてくる複数の小学生保護者が同じような悩みを口にするのだ。

オンライン授業では子どもの学力を伸ばせないのか

それでは、オンライン授業では子どもの学力を伸ばせないのだろうか。

結論から申し上げよう。「伸ばせない」は、半分は正解で、半分は間違いである。

とある大手塾で最難関校を狙う中学受験生たちを専門に指導をしている知り合いの講師は、わたしとの電話でこんなことを言っていた。

「中学受験生のトップ層は、この自粛期間は学力を相当伸ばせたにちがいない。Zoomでの反応も上々だし、彼ら彼女たちにとって『学びの足かせ』になっている小学校がないのだから。朝から晩までずっと勉強しているよ」

中学受験の学習内容は、公立小学校の授業内容とはレベルが異なる。そのため学校での授業は優秀な受験生にとって「進度が遅すぎる」と考える塾講師は少なくない。個人的には小学校を「学びの足かせ」と言い切るのは短見であり、乱暴な物言いだと思う。いずれにせよ、中学受験生の優秀層にとってはライブ授業であってもオンライン授業であっても受験勉強を進める上で何も問題はないということは真実なのだろう。

ただし、わたしの「感覚値」としては、こうした優秀層は全体の1割もいない。

残りの大多数の中学受験生は、ライブ授業からオンライン授業の切り替えについていけず、思い通りにカリキュラムを消化できずに四苦八苦しているように見える。

そして、その原因はオンライン授業を「発信する側」「受信する側」双方に認められるのだ。

名ばかりの「双方向型授業」

オンライン授業における「発信サイド」の問題点とは何だろうか。

この点について、まず、わたしはオンライン授業を配信している塾や講師を問題視するつもりが毛頭ないことを述べておきたい。これは、オンラインの持つ構造上の欠陥であると考える。

知り合いの中学受験塾の講師はオンラインによる双方向型授業に携わっていて、こんな不便さを感じたという。

「授業自体は何とか進行できるのだけれど、困ったのは子どもたちの表情変化が分かりづらいこと。そして、手元が見えないことかな。あと、距離がつかめないからなのか、場を乱してはならないという配慮なのか、授業を良い意味で盛り上げる講師や子どもたちの『脱線』や『不規則発言』がないのも授業の活力を奪ってしまうよね」

今回オンライン授業を経験してみて、わたしが強く感じたのは、授業は塾講師だけが「作る」ものではなく、子どもたちもまた授業の「作り手」であるということだった。

ヘッドセットを身に着けてオンライン授業を受ける男子生徒

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/allensima

わたしたち塾講師は子どもたちの発言やその表情の微細な変化を受けながら授業内容の深度を決めていたり、教材やノートにメモ書きするその内容から子どもたちの理解度を推し量っていたりするのだ。

友人の予備校講師は、自分の子どもが中学受験塾のオンライン授業を受ける様子を「観察」していて、こう感じたという。

「子が取り組む様子を見ていたけれど、オンラインはその場の会話をつなげて、そのときどきの思考を問うようなやりとりには不向きですね。発言や質問をしても、結局当てられた子が正解を答えるだけになってしまう。だから、子どもたちの集中力は続かない。講師もやりづらそうで、ちょっとかわいそうだったな」

つまり、「双方向型」とは名ばかりで、発信する側(講師)の「一方通行」に陥りやすいのがオンライン授業の抱える課題であるように感じられたのだ。もちろん、これが数十人を対象にするものではなく、2~3人を相手にする少人数授業であれば話はまた変わってくるのだろう。

あわせて読みたい

「オンライン授業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

  10. 10

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。