記事

「家庭学習で子供を賢くする方法」NY州弁護士&脳科学者の出した結論

1/2

家庭学習で子供の能力を伸ばすにはどうすればいいのか。共に東京大学出身の中野信子さんと山口真由さんは「親自身が規則正しい生活を実践しながら、子供に『あなたはできる子よ』と刷り込んでいくのがいい」とアドバイスする——。

※本稿は、『プレジデントFamily2020年夏号』の記事を再編集したものです。

信州大学特任准教授の山口真由さん(右)と、脳科学者の中野信子さん(左) - 撮影=榎本壯三

まずは親が「規則正しい生活」を実践

——自宅で過ごす時間が長くなりましたが、子供たちが家庭でやるべきことは何でしょう?

【山口】いちばん大事なのは自律することだと思います。勉強、遊び、睡眠など自分で決めたスケジュールを淡々とこなしていく力を、長いおうち時間で身につけてほしいですね。

【中野】わたしも同感です。学校や塾では時間割が決められていますが、家では時間をどのように使うかは自分次第。だらだらとした時間ばかりにならないよう、生活リズムを整えましょう。

【山口】そのためには、まず親が規則正しい生活を送ることが大事ですね。テレワークが推奨されているので、自宅でお仕事をしている方も多いでしょう。親は机に向かって仕事をしている姿を子供に見せてほしい。周りの人がきちんと過ごしていると、子供も「自分もちゃんとやらなきゃ」と感じるものです。「勉強しなさい」としかるよりずっといい。

【中野】子供自身でスケジュールをつくるのが難しくて、親が導いてやる場合もあるでしょうね。注意してほしいのは、親の満足のために子供の予定を決めないこと。何時間も勉強している姿を見て安心することが目的になっていませんか(笑)。

【山口】そうそう。例えば勉強は午前中に済ませなさいと言われても、集中できる時間は人によって違います。みんなが朝型ではないんです。わたしは夜型で、母には「早く寝なさい」と言われていたけれど、布団をかぶってこっそり勉強していました(笑)。

【中野】実は8割の人は、朝型と夜型のどちらにも修正できるんです。ただし、朝型遺伝子を持った1割と夜型遺伝子を持った1割の子供は、ずっとそのまま。プロ野球でデイゲームとナイトゲームの成績を比較してみたとき、明らかな差のつく選手がいるのはそのせいなんですね。だから、朝型に修正できない子供はしょうがない。本人にとって勉強に集中できる時間が夜なのであれば、信頼してやりましょう。

【山口】スマートフォンやゲームで遊んでいるんじゃないかと、心配してしまう親の気持ちはわかるけどね。

【中野】うんうん、大人だって仕事をさぼるし(笑)。

【山口】本当にそう。ついつい、ネットでいらないことを検索しちゃう。休憩時間もユーチューブで動画を見たり……。ずっとデジタル機器に触れ続けることで、ものすごく疲れてしまうんです。だからわたしは、長い文章はプリントアウトしたものを読む、ネットに接続しない時間をつくる、仕事に集中したいときはスマホを遠ざけるなどの工夫をしています。デジタルネイティブ世代といわれるいまの子供たちにも、そんなプチ・デジタルデトックスをやってみてほしいです。

ネットよりも読書時間を増やす

——長いおうち時間だからこそ、おすすめの過ごし方は何でしょう?

【山口】やはり読書です。わたし自身、本がとても好きな子供でした。

【中野】わたしも友達と遊ぶより、一人で本を読んでいるほうが好きでした。よく「子供が本を読もうとしない」という悩みを聞きますが、本好きになるかどうかは、親に本を読む習慣があるかどうかがとても大きいですね。子供に本を読んでほしければ、まずは親が本を読んでいる姿を見せることです。

【山口】わたしが本好きになったのは、幼い頃、母に絵本の読み聞かせをしてもらったおかげ。両親とも本好きで、休みの日は家族みんなが無言でそれぞれ好きな本を読む時間もあったくらい。

【中野】実は、そうした家庭って決して多くはないんですよね。そもそも、本を読む人って少ないんですよ。本は、どんなに売れても100万部の世界。ときどき数百万部が売れるベストセラーが生まれるけれど、それは普段本を読まない人が買っているからそうなるわけで。つねに本を読む人の数が100万人だとしたら、日本の人口の1%にも満たないんです。つまり、本を読む習慣のある人は、知識を身につけるうえでとても大きなアドバンテージを持てることになるんですよね。

【山口】本は読まないけれど、ネットに触れる時間が長いっていう人は結構いますよね。ネットは手軽だけど、枝葉ばかりでなかなか幹の部分を得られない。自分の好きな情報だけしか見ようとしないから。本を読む習慣が身についていない人は、読書を面倒だと感じるかもしれないけれど、読めば読むほど楽に、そして速く読めるようになるから、ぜひ読書習慣を身につけてほしいですね。

——子供が読む本の選び方について親に助言できることはありますか?

山口真由さん(撮影=榎本壯三)

【山口】わたしは“放流”方式がおすすめ。図書館や書店に連れていって、自分で好きに選ばせればいいと思います。親が介入しないほうがいい。

【中野】そうですね。そして親は、自分が選ばないような本を、決して否定しないこと、子供から取り上げないこと。もちろん、多くの親が読ませたがる古今東西の名作は大事ですよ。名作といわれるだけの内容がそこにはありますから。けれど、ほかにもよい本がたくさんあるんです。読んだことのない親に、その良しあしは判断できません。

【山口】たとえば暴力表現のある本を読んだからといって、その子が暴力的になるわけではない。それは、自分自身を振り返ってみてもそう思います。むしろ、大人の読んでいる本を通じて、世の中の真実の一端を垣間見られました。わたしは、親の本棚の本を勝手に読んでいたんですが、父の好きなスパイ小説に夢中になりました。

【中野】善悪を理解できる年齢になったら、いろいろな表現に触れてみたほうがいい。きれいごとや建前にしばられない、自由な世界を本で知ってほしいですね。

【山口】だいたい、親や先生が薦める本ってなかなか読みたがらないでしょう。無理に親の読ませたい本を薦めるのは逆効果かもしれませんね。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

  9. 9

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。