記事

ヘルプマークを広げましょう!

皆さん、ヘルプマークを、ご存知ですか?

義足や人工関節を使っていたり、心臓や腎臓の障害者、初期妊婦、視覚障害者など、

一見みてもわからないが支援を必要としている人が、つけるマークです。

しかしこのマークは、まだまだ知られていません。

ご縁ある障害者団体や、障害児を持つ親御さんから、もっと社会全体に普及啓発して欲しいとのご依頼を頂いていました。

このヘルプマークは、平成24年に東京都がはじめて、それ以降実態的に標準のものとなっていったものです。

国による法整備がまだ無いため、各自治体が勝手連的に、普及啓発をやっている状態です。

県当局にヒアリングしたところ…

千葉県では昨年夏から取り組みを始め、予算410万円とのこと。

このマークを、県費で作成し、各市町村に送付しましたが、そのあと市民に配布しているかどうかは、各自治体によって大きな差があります。

なお四街道市は300枚県から送り、約200枚が配布済みとのことです。

千葉市、船橋市、習志野市などは100%近く、更に自分たちで追加作成して配布もしているところもあるとのことでした。

配布状況一覧表を添付します。

また、7月からからは、県内の郵便局に、1ヶ月間、この普及啓発ポスターを掲示してもらっています。

私からは、拉致問題解決ポスターのように、もっと駅や公共施設など、広く掲示できるよう、取組みを要望しておきました。

肝心の、ヘルプマーク認知度ですが、千葉県としては調査などはないとのことで、あるのは以前東京都が実施した調査のみとのことです。それによると、意味を含めて知っている人は59%でした。

ただ、千葉県では、まだそこまで浸透していないやに感じます。だからこそ、障害者団体や親御さんからも、普及啓発のお願いがきてると思います。

私から当局に、まずは千葉県での認知度調査もすることを、要望しておきました。

もっとも、国の法整備がないので、どうも勝手連の域を出ていません。

このマークを持つべき人の定義も無いため、悪用も可能な状況です。

国の国会議員の仲間に働きかけて、法整備を検討するよう、要望しておきます。

同時に、各市町村での、取り組み度合いに大きく差があるため、知人の県内市議さんたちにも、普及啓発への協力を、要請してみます。

以上、引き続き、このマークが広がるよう、取り組んでまいります。

あわせて読みたい

「障害・難病問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  9. 9

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  10. 10

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。