記事

米関税当局 ウイグル女性の毛髪から製造した製品13トン押収

押収量は実に13トン

 米ニューヨークの米税関国境警備局(CBP)は6月中旬、中国新疆ウイグル自治区の強制収容所に収監されたウイグル族女性の毛髪から製造したとみられるかつらやウイッグなど13トンを押収したことを明らかにした。価格は80万ドル(約8600万円)超とみられる。

 中国から出荷された毛髪製品の摘発は2回目で、いずれも同自治区にある中国企業2社から輸出されたもので、今後、調査が終了するまで、これらの製品は倉庫に保管され、2社の製品は輸入禁止措置がとられるという。

 同局のブレンダ・スミス事務局長補は「これらの製品の生産は非常に深刻な人権侵害である。輸入禁止命令は、米国のサプライチェーンにおいて、違法で非人道的な慣行は容認されないという明確で直接的なメッセージを米国と取引しようとするすべての団体に送ることを目的としている」と指摘している。

 CBPによると、同自治区の「美心髮製品有限公司」と和田浩林髮飾品有限公司が製造・出荷したもの。この2企業は2019年5月から2020年4月まで、米国向けに製品を91回輸出した記録が残っている。

 米国政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によると、中国政府は過去4年間で推定100万人以上のウイグル族などの少数民族を拘束しているという。彼らは強制収容所や刑務所に収監され、再教育や雇用訓練などの名のもとに、少数民族の宗教や言語、文化などを否定する教育を受けているという。

 収容生活を経験したウイグル族の女性がRFAに語ったところでは、女性たちは収容所に入るとすぐ頭を剃られて坊主になることを強制されるが、剃られた後の毛髪がどのように利用されるかは説明されなかったという。

 また、RFAの取材に応じた中国の人権派弁護士、騰彪氏は「中国の収容所や刑務所、拘置所に収容されている人々の頭を剃ることは規則であり、地元当局がそこから利益を得る可能性が高い。それらの毛髪が地元企業に売られている証拠もある」と指摘している。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  7. 7

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  8. 8

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。