記事

米関税当局 ウイグル女性の毛髪から製造した製品13トン押収

押収量は実に13トン

 米ニューヨークの米税関国境警備局(CBP)は6月中旬、中国新疆ウイグル自治区の強制収容所に収監されたウイグル族女性の毛髪から製造したとみられるかつらやウイッグなど13トンを押収したことを明らかにした。価格は80万ドル(約8600万円)超とみられる。

 中国から出荷された毛髪製品の摘発は2回目で、いずれも同自治区にある中国企業2社から輸出されたもので、今後、調査が終了するまで、これらの製品は倉庫に保管され、2社の製品は輸入禁止措置がとられるという。

 同局のブレンダ・スミス事務局長補は「これらの製品の生産は非常に深刻な人権侵害である。輸入禁止命令は、米国のサプライチェーンにおいて、違法で非人道的な慣行は容認されないという明確で直接的なメッセージを米国と取引しようとするすべての団体に送ることを目的としている」と指摘している。

 CBPによると、同自治区の「美心髮製品有限公司」と和田浩林髮飾品有限公司が製造・出荷したもの。この2企業は2019年5月から2020年4月まで、米国向けに製品を91回輸出した記録が残っている。

 米国政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によると、中国政府は過去4年間で推定100万人以上のウイグル族などの少数民族を拘束しているという。彼らは強制収容所や刑務所に収監され、再教育や雇用訓練などの名のもとに、少数民族の宗教や言語、文化などを否定する教育を受けているという。

 収容生活を経験したウイグル族の女性がRFAに語ったところでは、女性たちは収容所に入るとすぐ頭を剃られて坊主になることを強制されるが、剃られた後の毛髪がどのように利用されるかは説明されなかったという。

 また、RFAの取材に応じた中国の人権派弁護士、騰彪氏は「中国の収容所や刑務所、拘置所に収容されている人々の頭を剃ることは規則であり、地元当局がそこから利益を得る可能性が高い。それらの毛髪が地元企業に売られている証拠もある」と指摘している。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  3. 3

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  4. 4

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  6. 6

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  7. 7

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  8. 8

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  10. 10

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。