記事

レジ袋有料化への反論「ポリ袋はエコ」は本当か 専門家は

海岸に漂着するプラごみに占めるレジ袋の割合は0.3%に過ぎないとの指摘がある(AFP=時事)

日本列島から1000km離れた太平洋上で採取されたマイクロプラスチック(高田秀重教授の提供資料より)

 7月1日から全国のスーパー、コンビニでレジ袋(ポリ袋)が有料化された。改めてその目的を確認すると、〈海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの解決に向けた第一歩として、プラスチック製買物袋の有料化を通じて、マイバッグの持参など、消費者のライフスタイルの変革を促すこと〉だという(経済産業省「レジ袋有料化Q&Aガイド」)。

【写真】プラスチックごみが海に流出して微細化すると…

「使用禁止」ではなく「有料化」なので、レジ袋代として数円程度を支払えば利用できるが、今まで無料だったものが有料になると不便を感じる人も多いはずである。

 そんななか、ポリ袋メーカーの清水化学工業が、自社サイトの〈脱プラ、脱ポリ、紙袋へ切り替えをご検討のお客様へ〉と題したメッセージページで、〈ポリ袋は実はエコなんです。〉と見出しを掲げて反論し、話題になっている。詳細は同社サイトで確認していただきたいが、ポリ袋は石油精製時の残り物から作られ、ゴミ袋としてリユースされることも多く、〈ポリ袋は見かけほどごみ問題にはならない。目に見えるごみの1%未満、自治体のごみのわずか0.4%〉と、ゴミ全体に占める割合もごくわずかとしている。

 さらに同メッセージでは、近年、問題になっているマイクロプラスチックにも言及する。マイクロプラスチックとは、海洋に流出したプラスチックが紫外線で劣化し、波の力で微細に粉砕されたものを言い、海洋生物が餌と間違えて食べ、それを人間が食べるので、生態系や人体への影響が懸念されている。

 同社サイトでは、環境省による「海洋プラごみの実態把握調査」を引用し、海岸に漂着するプラスチックごみでもっとも多いのは漁網やブイなどの漁具やペットボトル類で、ポリ袋の占める割合は0.3%(容積比)に過ぎないとし、〈容積ベースではポリ袋は海洋プラごみのわずか0.3%なのに、現在象徴的に非難されています。原因のウエイトと対策のウエイトが乖離しています〉と述べている。

 この主張は妥当と言えるのか。マイクロプラスチックの問題を研究している東京農工大学農学部環境資源科学科の高田秀重教授はこう答える。

「環境省の海洋プラごみの実態把握調査が実施されている全国10か所の海岸は地方がほとんどで、都市域がはずれているので、漁具が多く出ていますが、私たちが東京、神奈川の海岸で実施している調査では、漂着物のほとんどがペットボトルや食品トレー、ポリ袋で、レジ袋は目立ちます。漂着物の0.3%ということはないと思います。

 レジ袋は軽く風に飛ばされやすく、水にも流されやすい。薄い素材なので、日に当たるとすぐに劣化してボロボロになり、マイクロプラスチックになりやすいことも問題。また、プラスチックを柔らかくするための添加物、DEHP(フタル酸ジ2-エチルヘキシル)が、ペットボトルの蓋や食品パッケージより10倍以上多く含まれている。これは子供のオモチャには配合が禁止されている物質です」

 レジ袋の漂着物は、0.3%という数字で示されるほど少なくはなく、また、頑丈なペットボトルや食品トレーよりマイクロプラスチック化しやすいので、海岸に漂着せず、微細化して海を漂っている分が多いとも考えられる。実際、魚類の胃の中からレジ袋の破片が見つかることはよくあるという。

「レジ袋よりペットボトルや食品トレーの漂着物のほうが量が多いのは事実で、清水化学工業さんがレジ袋ばかり問題視されることに納得がいかないのは気持ちとして理解できます。環境省や経産省が、レジ袋以外のプラスチック製品について、使用削減のためのロードマップを提示していないことがそもそもの問題です。あくまでレジ袋は第一歩であり、行政も消費者も他の使い捨てプラスチックの削減に取り組むべきです」(高田教授)

 清水化学工業が〈原因のウエイトと対策のウエイトが乖離しています〉と主張しているのはその通りで、レジ袋を減らせと言うなら、当然、ペットボトルも食品トレーも減らすための策を講じるべきなのだ。

 日本のペットボトルの販売本数は年間252億本で、回収率は91.5%とされる(2018年度:PETボトルリサイクル推進協議会調べ。以下同)。欧州で61.5%(2017年)、アメリカで28.9%(2018年)なので、かなり高い数字だが、それでも8.5%分の約21億本は未回収で、その一部が海に流出している。

 では、ペットボトル由来の海洋プラごみにはどんな対策があり得るのか。

「まずできることはペットボトルの利用を少しでも減らすことで、消費者サイドから言えば、レジ袋をエコバッグに替えるように、マイボトル(水筒)を持つようにする。東京農工大では、すでに学内にマイボトル用の給水器を数十台設置しています。市場で流通している飲料水などはガラス瓶に替えるようメーカーに促すべき。ペットボトルをリサイクルするのと、ガラス瓶をリユースするのでは、トータルのCO2排出量で比較すると、ガラス瓶のほうが少なくなります」(高田教授)

 ペットボトルをなくすのは、経産省が言うように「消費者のライフスタイルの変革」が必要で、非常に難しいテーマだが、レジ袋をスケープゴートにして手仕舞いにしてしまうのだとしたら、政府は何もしていないに等しい。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

あわせて読みたい

「レジ袋有料化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

  10. 10

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。