記事

ドル下落、インフレ期待の高まりで ユーロは上昇=NY市場


[ニューヨーク 14日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが下落した。インフレ期待がやや高まったほか、欧州連合(EU)の景気刺激策を巡る楽観的な見方を背景にユーロが上昇した。

主要6通貨に対するドル指数<=USD>は0.29%安の96.271。

米労働省が14日発表した6月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.6%上昇と、伸び率は2012年8月以来の大きさとなった。ガソリン価格と食品価格の上昇が寄与した。

ただ、アナリストはCPI以外の経済指標にインフレの兆候が見受けられると指摘。ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツのチーフ市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏は「どちらかと言えば、CPIは米経済の実際のインフレ率を過小評価している」と述べた。

米市場ではインフレ対策として米物価連動国債(TIPS)を購入する動きが強まっている。米連邦準備理事会(FRB)や米財務省による新型コロナ対策によってインフレが進むと予想されているためだ。10年物TIPS利回り<US10YTIP=RR>は3月下旬以降、マイナス圏で推移しており、現時点ではマイナス0.797%と最安値近辺となっている。

BNPパリバの北米外為戦略部門責任者、ダニエル・カジブ氏は「米経済がやや回復したことで、インフレ期待が回復し、実質金利が徐々にマイナスに転じているため、ドルが危険にさらされている」とした。

ドル安はユーロ<EUR=>上昇を支援。EUが新型コロナ対策の緊急資金供給策で合意するとの期待を背景に、ユーロは0.44%高の1.139ドルとなった。

シャモッタ氏は「巨額の救済案が承認され、ユーロ圏の経済的損失が緩和するとの見方が市場のコンセンサスになりつつある」と指摘。ただ「歴史的に見ると、救済案に過度な期待を抱くべきではなく、最終的には現時点で協議されているものよりも小規模で希薄になる可能性がある」とした。

ドル/円 NY終値 107.23/107.26

始値 107.38

高値 107.42

安値 107.16

ユーロ/ドル NY終値 1.1396/1.1400

始値 1.1369

高値 1.1408

安値 1.1362

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  4. 4

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  5. 5

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  6. 6

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  7. 7

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  8. 8

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  9. 9

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  10. 10

    菅政権 唯一の誤算は高い支持率

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。