記事

石油需要、21年は急回復想定も19年水準に届かず=OPEC月報


[ロンドン 14日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は14日に公表した月報で、世界経済が新型コロナウイルス危機から回復することで、2021年の世界石油需要の増加幅は過去最大の日量700万バレルに急回復することが見込まれるものの、19年の水準を上回ることはないとの見方を示した。

OPECが21年の見通しを示すのは初めて。米中貿易摩擦や高水準の債務、新型コロナ感染第2波など一段の下振れリスクが発生しないことが前提という。

OPECは「主要国を中心に新型コロナ感染症が抑制され、パンデミック(世界的大流行)に対する大規模な景気刺激策が支えとなり、家計消費や投資が回復することを前提にしている」とした。

20年の石油需要の減少幅については日量895万バレルを想定。減少幅は前月の発表からやや縮小した。

21年は、原油需要が600万バレル増の日量2980万バレルと、石油需要の伸びの大半を占めるものの、効率化とリモートワークが伸びを抑制し、19年の過去最高水準を下回る見込みとした。

OPEC非加盟国による石油供給については、20年に日量326万バレル減少する一方、21年には92万バレル増加すると予想した。

エナジー・アスペクツの共同創業者、アムリタ・セン氏はOPECの需要回復予測は楽観的な可能性があると指摘。21年の石油需要は日量約500万バレル増加すると見込んだ。

米産油量について、OPECは20年に137万バレル減、21年に24万バレル増を想定。19年は170万バレル増だった。

OPECの6月の産油量は189万バレル減の日量2227万バレル。ロイターの計算によると、協調減産合意の順守率は110%超と、5月の84%から上昇した。

20年の原油需要見通しは日量2380万バレルと、前月予想を20万バレル引き上げた。6月産油量を約150万バレル上回っており、現在の産油量が維持されれば20年は供給不足になることを示唆している。

減産にもかかわらず、先進国の原油在庫は5月に2990万バレル増加し、31億6700万バレルと5年平均を約2億1000万バレル上回った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    東京五輪「極めて異常で盛り上がらない」と舛添氏 豊洲騒動めぐり小池知事に苦言も

    ABEMA TIMES

    06月15日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。