記事

石油需要、21年は急回復想定も19年水準に届かず=OPEC月報


[ロンドン 14日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は14日に公表した月報で、世界経済が新型コロナウイルス危機から回復することで、2021年の世界石油需要の増加幅は過去最大の日量700万バレルに急回復することが見込まれるものの、19年の水準を上回ることはないとの見方を示した。

OPECが21年の見通しを示すのは初めて。米中貿易摩擦や高水準の債務、新型コロナ感染第2波など一段の下振れリスクが発生しないことが前提という。

OPECは「主要国を中心に新型コロナ感染症が抑制され、パンデミック(世界的大流行)に対する大規模な景気刺激策が支えとなり、家計消費や投資が回復することを前提にしている」とした。

20年の石油需要の減少幅については日量895万バレルを想定。減少幅は前月の発表からやや縮小した。

21年は、原油需要が600万バレル増の日量2980万バレルと、石油需要の伸びの大半を占めるものの、効率化とリモートワークが伸びを抑制し、19年の過去最高水準を下回る見込みとした。

OPEC非加盟国による石油供給については、20年に日量326万バレル減少する一方、21年には92万バレル増加すると予想した。

エナジー・アスペクツの共同創業者、アムリタ・セン氏はOPECの需要回復予測は楽観的な可能性があると指摘。21年の石油需要は日量約500万バレル増加すると見込んだ。

米産油量について、OPECは20年に137万バレル減、21年に24万バレル増を想定。19年は170万バレル増だった。

OPECの6月の産油量は189万バレル減の日量2227万バレル。ロイターの計算によると、協調減産合意の順守率は110%超と、5月の84%から上昇した。

20年の原油需要見通しは日量2380万バレルと、前月予想を20万バレル引き上げた。6月産油量を約150万バレル上回っており、現在の産油量が維持されれば20年は供給不足になることを示唆している。

減産にもかかわらず、先進国の原油在庫は5月に2990万バレル増加し、31億6700万バレルと5年平均を約2億1000万バレル上回った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  6. 6

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  7. 7

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  8. 8

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  9. 9

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  10. 10

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。