記事

代表選は野田総理が圧勝

9月21日に行われた民主党代表選で、野田佳彦首相(代表)は、国会議員票など合計1231ポイントのうち、約7割の818ポイントを獲得し、1回目の投票であっさり再選された。圧勝と言って良いだろう。

私は、鹿野道彦前農相を応援していたし、もちろん投票も鹿野さんに入れたが、とうてい及ばなかった。
投票結果は、原口一博元総務相が154ポイント、赤松広隆元農相が123ポイント、鹿野さんが113ポイントということで、トータルでは鹿野さんは4位だった。しかし国会議員票では86ポイントで、43人の国会議員が鹿野さんに投票したことであり、野田総理に次いで2位を占めた。まずまず良かったのではないかと思う。

予想通り野田総理が圧勝したが、問題はこれからだ。まずは民主党としてまとまっていかなければならない。もう代表選は終わり、野田総理が勝ったのだからあとはしっかりとまとまって野田総理を支えていかなくてはならない。それが組織として当然のことであるし、最低限、組織人としての有り様だ。

まずは党内人事や内閣改造が行われるであろうが、まとまっていける体制を作ってほしいと願うばかりだ。
私自身、現在の法務大臣政務官の職責がどうなるかは全く分からないが、どのような立場になるにせよ、党がまとまる方向で行動したい。

代表選の結果が出た以上、挙党体制を組んでいかなければならないし、近いうちにある衆議院総選挙に最大限の勢力を投入できるようにしていかなければならない。

野田総理が再選されれば離党するなどと言う議員もいるようだが、とんでもないことだ。いい加減にしてほしい。目先の選挙にとらわれて維新の会に接近したり、うろうろすることなど見苦しいし、政治家としてやるべきではない。選挙向けにどのような立ち位置を示すのが得か損か、右往左往するような政治家であれば、いずれ国民が見抜くであろう。
ここはどっしりと構えて、細かいことを言わずに挙党一致、党がまとまって総選挙体制を敷くことだと思う。

あわせて読みたい

「ポスト野田」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  6. 6

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  9. 9

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  10. 10

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。