記事

不倫容認派も混乱する「渡部不倫」は何が問題だったのか

1/2

お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建氏の不倫が世間を騒がせた。男女関係や不倫について20年以上取材を続けるフリーライターの亀山早苗氏は、「あれは不倫ではなく、ただの女遊びだ。本来、不倫とは恋愛感情が伴うものである」という——。

六本木ヒルズと桜
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/kanzilyou

かつては「有名人の不倫」は叩かれる対象ではなかった

複数人の女性との不倫が報じられたアンジャッシュの渡部建氏への「不倫バッシング」が止まらない。ネットを見ると、ニュースに対して「二度と顔を見たくない」「子どもの教育に悪いからテレビに出てこないで」というコメントが並ぶ。それを見るたびに暗澹(あんたん)たる気分になるのは筆者だけだろうか。ここまで「見ず知らずの人」に対して罵詈雑言をぶつけることができる人たちの気持ちが理解できない。

そもそも人は他人のスキャンダルが好きだ。それが顔も名前も知られた有名人であればあるほど恋愛スキャンダルは蜜の味。だが、それは「恋愛スキャンダル」が、どれほどえげつなくてもドロドロでも、しょせん「芸能人の恋愛」だからである。高みの見物をしながら酒の肴にし、言いたいことを言うのが楽しいからだ。だが、それが当事者の仕事を奪うことにつながっていくとなると話は別。スキャンダルが出るたびに、実際にその人が出ているテレビ局やスポンサーの名前、連絡先までもがリスト化され、「ここに抗議しましょう」と呼びかける声がネットに上がる今の状況は尋常ではないとさえ思う。

かつて芸能人の不倫スキャンダルは多々あった。本妻がいながら愛人と同棲、病気になって最後は本妻宅へと戻った俳優、妻がありながら数々の女性たちと浮名を流し、それでも誰からも恨まれなかった俳優などなど。そのたびに芸能記者が駆けつけてテレビにその話が流れたが、一般人はそれを楽しんでいたはずだ。なぜなら相手は「スターだから」。自分たちができないことをやっているのを見るのがおもしろかったから。

不倫を叩く資格があるのは配偶者だけのはず

ところが時代は流れ、スターや芸能人が身近な存在となった。当然、一般社会のルールが芸能人にも適用されることとなり、彼らの「特権」はなくなっていく。それがいいことなのかどうかはわからない。そして、本来、糾弾できるのは配偶者だけであるはずの「不倫」「浮気」「婚外恋愛」が、一般人によって叩かれるようになった。婚姻とは契約である。だから契約違反をした場合、追及できるのは契約を結んだ人だけ。つまり、配偶者だけなのだ。

さらにそこにネットの存在がある。「正義」をふりかざせば、誰も反論はできない。そこで「正義依存症」が増えた。新型コロナウイルス感染拡大に伴って、「自粛警察」が跋扈したように、「正しくないことは許さない」人たちが増大している感がある。白黒つけずに、グレーのまま「まあまあ、こういうこともありますわ」と反応していた、ある意味で「日本ならではの曖昧文化」が駆逐されようとしているのだ。

思えば、最初に大きく叩かれたのは石田純一氏ではなかっただろうか。不倫疑惑に応えて、「不倫からいい文学や音楽が生まれることもある」と言ったのが、スポーツ紙の見出しに「不倫は文化」と書かれてしまったことで不遇の時代を送ることとなったのが1996年のこと。だがあの頃はまだネットは普及しておらず、本人は大変だっただろうが、市井の人々は笑って見ているゆとりがあった。

まだ、芸能人の話は「あちらのこと」だったのだ。

その風潮が変わったのは、2013年の矢口真里事件。既婚の彼女が自宅で不倫中に夫が帰宅したのだ。一部女性からは「やるじゃん」という声が聞こえたのだが、世間は許してくれなかった。その3年後のベッキー事件は、さらにすさまじいバッシングの嵐となった。「文春砲」と「ネット」の二段構えの前に、「人のスキャンダルを楽しむ」のは下卑たこととなり、「正義をふりかざす」ことが主流となっていったのだ。

契約と愛情は切り離して考えたほうがいいかもしれない

「正義依存症」の背景には、鬱屈した社会のありようがある。20年以上、不倫について取材を重ねているが、最近多いのは、「あいつだけ得している」「あいつだけいい目を見ている」という妬みそねみの声である。もちろん、配偶者がそう考えるのは当然。共働きなのに家事育児の負担が大きい既婚女性の夫が不倫をしたなら、思い切り糾弾するなり離婚届を突きつけてやるなりすればいい。だがそれを他人がとやかく言うのはおかしい。

そもそも「結婚」がなければ「不倫」も存在しないわけで、たまたま婚姻という契約を結んでしまったために、心まで束縛されていいのかという理屈も成り立つ。契約と愛情の問題は重なることもあれば切り離して考えたほうがいい場合もあるのかもしれない。

2016年に出版した『人はなぜ不倫をするのか』(SB新書)で、筆者は行動遺伝学、宗教学、昆虫学などさまざまな分野の錚々(そうそう)たる研究者たち8人に、「人はなぜ不倫をするのか」というテーマでインタビューをおこなった。その結果、誰ひとりとして不倫を完全否定しなかったという事実がある。もしかしたら、「ヒトの婚姻」という形そのものに無理があるのではないかとも考えられる。

実際に不倫の恋の渦中にある当事者たちの多くは、今回の「渡部式不倫」を苦々しく思っている。なぜなら、「あれを不倫と言ってしまったら、マジメに不倫をしている自分たちが貶(おとし)められている気がする」からだ。ダブル不倫(既婚者同士)をしている40代の女性はこう言う。

「私たちはあくまでも恋愛をしているんです。結婚してから、他にもっと好きな人が出てきてしまっただけ。子どものことなどを考えると離婚はできない。だけど身も心もわかりあえる彼と別れることもできない。苦渋の決断で、他人から見たら不倫と言われる関係をひそかに続けているんです」

渡部氏のやり方は「不倫」とは言いがたい

ポイントは“身も心も”である。マジメに不倫している人たちは、相手を“運命の人”とよく言う。出会う時期が遅かっただけ、それぞれの家庭を壊すのは申し訳ないという責任感もあって、人目を忍ぶ関係を続けているのである。

だからこそ、渡部式は「不倫」ではなく、あくまでも「女遊び」と言ってほしいというのだ。今年の初めに話題になった、俳優・東出昌大とは対照的である。どちらも「正義依存症」の人たちからは糾弾されているが、「どちらがマシか」ということも世間では話題になっている。

東出式不倫はわかりやすい。不倫をしている当事者たちも、「妻が妊娠中に不倫を始めるのはどうかと思うが、結婚していても他に好きな人ができてしまう心理はよくわかる」と話す。そういう人たちは、根本的に結婚と恋愛とは別だと思っている。結婚したら、配偶者となった人との恋愛が終わったことを実感し、たまたま外に好きな人ができて自分の中の恋愛感情が作動してしまったのである。

ところが渡部式不倫は、不倫容認派をも混乱に陥れた。自分の仕事先である六本木ヒルズの「多目的トイレ」に女性を呼び出し、さっさと行為をすませてバッグの上に1万円を置く。それは不倫を「恋愛にしたくない」男の心理だと思うのだが、「だったら風俗へ行け」という声も飛び交う。それもまた真実である。だが、彼としては、風俗へ行けば噂(うわさ)になる。一般人のほうが口が堅いと思ったのだろう。あるいはプロにお願いするより、一般女性を落とすのが楽しかったのかもしれない。そういう意味では女性を見くびったともいえる。

余談だが、世間にはいろいろな場所で不埒(ふらち)な行為に及ぶ人間がいるものではある。新幹線のトイレ、雑居ビルのトイレ、雑居ビルの非常階段の踊り場、公園などなど。欲望が高まれば場所を問わない人、あるいはスリルを楽しむ人など目的はさまざまだが、トイレだからといってそれほど驚くには当たらないのだ、一般人であれば。

念入りなキャラ作りが功を奏して売れっ子に

相方から「そもそも愛がないヤツ」と言われてしまう渡部だが、彼は自分しか信じられない人生を送ってきたのではないだろうか。長い下積み生活の間にさまざまな資格を取り、自分の人生のすべての経験をタレント生活に役立ててきた男である。念入りにキャラを作り、それが徐々に時代にはまって売れっ子となっていった。

筆者は一度だけ、渡部氏を取材現場で見かけたことがある。昨年のラグビーワールドカップのPRイベントでのことだ。彼はとある有名なゆるキャラとすれ違ったとき、自らキャラクターに近づき、あれこれ話しかけたりハグをしたりして、報道陣にツーショットを撮らせた。共演する予定はなかったので、予定外の行動である。

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  2. 2

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    韓国サムスン 反中感情追い風か

    ロイター

  4. 4

    医師しか発言許されぬ残念な風潮

    青山まさゆき

  5. 5

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    橋下氏 キャバ批判の知事に苦言

    橋下徹

  7. 7

    「経済重視」で経済が回らない訳

    鈴木しんじ

  8. 8

    江の島エリア 海に最多の人出か

    島村優

  9. 9

    ユニクロの策 客をスタッフ勧誘

    文春オンライン

  10. 10

    身近に感染者は? 約9割「0人」

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。