記事

米消費者、失業時の再雇用や収入に不安=NY連銀6月調査


[13日 ロイター] - 米国の消費者らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に端を発した経済危機が最悪期を脱したと楽観視する一方、失業した場合の再雇用や収入に関しては根強い不安を抱いていることが、ニューヨーク連銀の6月調査で分かった。

調査は1300世帯を対象に実施。消費者が回答した向こう1年以内の失業の可能性は平均で15%と、2月(13.8%)以来の低水準にとどまったほか、向こう3カ月以内に債務の支払いが滞る可能性も平均で9.8%と、4月時点の16.2%から低下し、2013年の統計開始以降で最低を記録した。

一方、向こう1年間の収入の伸びに関する期待は1.6%と、5月の2.0%から低下。年収5万ドル以下で、大学を卒業していない労働者の期待が最も低かった。

失業した場合に新たな職が見つかる可能性は47.6%。1年前は63.7%だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。