記事

米グーグル、インドに100億ドル投資 デジタル化支援


[ニューデリー 13日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは13日、インドで今後5─7年間にわたり株式投資や提携に約100億ドルを投資すると述べた。主要な成長市場であるインドでグーグルとして過去最大の計画となる。

グーグルは、「デジタル化ファンド」を設けてインドで投資を行う。世界有数のインターネットサービス市場であるインドで、アプリやソフトウエアプラットフォームが急速に成長していることに注目している同社の動きを示す。

「インドのためのグーグル」と名付けた年次イベントをオンラインで実施したアルファベットのピチャイ最高経営責任者(CEO)は、「株式投資と事業提携のほか、業務とインフラ、エコシステムの投資を組み合わせる」と述べた。「インドとデジタル経済の将来にわれわれが自信を持っていることを反映する」と付け加えた。

ピチャイ氏は、今回の新たな100億ドルの投資はインドでグーグル最大の規模となると述べた。

ピチャイ氏はロイターとのインタビューで「特にインターネットで使われる言語が英語やその他の言語から拡大することに注力している。われわれが考察した重要な観点だ」と語った。5億人の利用者がいるインドのインターネットの成長を支え、さらに5億人が利用できるように手助けしたいとしたほか、インドではファンドを通した投資以外に人工知能 (AI)や教育などの分野にも注目するとも述べた。

グーグルはすでに、インドの配達アプリ「ダンゾー」への投資など、同国の新興企業に直接的・間接的に投資している。

インド出身のピチャイ氏は2004年にグーグルに入社。クロームブラウザーの構築で広く評価されている。昨年、共同創業者であるラリー・ペイジ氏の後任としてアルファベットCEOに就任した。

グーグルの携帯電話の基本ソフト(OS)「アンドロイド」はインドで使われている約5億台の携帯電話の大半に搭載されている。別のグーグル幹部は、より多くの人がインターネットを使えるように低価格の機器製造に向けグーグルが引き続き製造業者と協調していくと述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  4. 4

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  5. 5

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  6. 6

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  7. 7

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。