記事

東京マーケット・サマリー(13日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

午後5時現在 106.99/01 1.1317/21 121.08/12

NY午後5時 106.89/92 1.1298/02 120.80/84

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の106円後半。アジア株高で円が軟化し、海外市場でつけた2週間半ぶり安値から切り返した。

<株式市場>

日経平均 22784.74円 (493.93円高)

安値─高値   22561.47円─22784.74円

東証出来高 12億1591万株

東証売買代金 2兆1386億円

東京株式市場で日経平均は反発した。前週末の米国株式市場が上昇したことが好感され、朝方から幅広く買いを集めた。その後も時間外取引での米株先物がプラス圏で推移したことや、上海総合指数<.SSE>、香港ハンセン株価指数<.HSI>が堅調となったことを受け、日経平均は終日上値を追う展開となり、高値引けとなった。ETFの配当金分配に絡んだ売りが一巡したことで、需給が好転したとの指摘もあった。個別では、ソニーが連日の大幅高となり、19年ぶりに高値を更新した。

東証1部騰落数は、値上がり2032銘柄に対し、値下がりが126銘柄、変わらずが13銘柄だった。

<短期金融市場> 17時07分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.019%

ユーロ円金先(20年12月限) 100.060 (-0.005)

安値─高値 100.050─100.070

3カ月物TB -0.083 (+0.005)

安値─高値 -0.082─-0.084

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.019%になった。前営業日(マイナス0.017%)をやや下回った。「ほぼ横ばい。引き続き大手銀行や地銀の調達意欲が強い」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

<円債市場> 

国債先物・20年9月限 152.07 (-0.15)

安値─高値 152.05─152.18

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.025% (+0.010)

安値─高値 0.025─0.020%

国債先物中心限月9月限は前営業日比15銭安の152円07銭と反落して取引を終えた。株高のリスクオン地合いの中、売りが優勢な展開となった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp上昇の0.025%。

<スワップ市場> 17時02分現在の気配

2年物 0.01─-0.08

3年物 0.01─-0.08

4年物 0.01─-0.08

5年物 0.01─-0.08

7年物 0.04─-0.05

10年物 0.10─0.00

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  6. 6

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。