記事

黒川検事長と司法記者の賭け麻雀、不起訴 告発者が地検に抗議

告発団体のメンバーを制止しようと立ちはだかる検察庁の守衛。=13日、霞ヶ関 撮影:小杉碧海=

 新聞社の司法記者たちとの賭け麻雀を週刊文春にスクープされ、次期検事総長の座を失った黒川検事長(当時)。

 検事長と記者3人は常習賭博で市民団体から告発されていたが、東京地検は10日、4人をいずれも不起訴処分とした。

 告発した「税金私物化を許さない市民の会」は納得が行かないため、きょう、東京地検に出向いて説明を求めたが、体よく追い返された。

 「市民の会」の代表は、検察庁の一階ロビーから内線電話で東京地検と交渉した。相手は4人を不起訴処分にした田渕大輔検事付きの事務官。事務官は尋ねても名を名乗らなかった。

 市民の会代表が「不起訴にした経緯を聞きたい」と問うと、事務官は「不起訴処分理由告知公開申請書を出してくれ」と答えた、という。返事はそれだけだったそうだ。

 当然と言えば当然だが、記者クラブメディアは一社たりとも、取材に来ていなかった。

東京地検から告発団体に届いた処分通知書。被疑者として黒川弘務検事長(当時)の他、大竹直樹、河合龍一(産経新聞記者)、大島大輔(朝日新聞経営企画室副室長:元司法クラブ記者)の名前がある。画面左端に「不起訴」。

 刑事訴追の甘さ以上に追及しなければならないのは、検事長の賭け麻雀の相手3人が司法担当の記者だった、ことだ。

 3人とは、大竹直樹、河合龍一(産経新聞記者)、大島大輔(朝日新聞経営企画室副室長:元司法クラブ記者)だ。

 3人をめぐっては常習賭博罪以上に重い罪がある。官邸の意を汲んだ黒川検事長による世論操作に手を貸したのではないか、という疑いだ。

 検察は小沢一郎を冤罪で陥れようとした。一方で甘利明の斡旋利得、下村博文の政治資金規正法違反は真っ黒けでも強制捜査に乗り出すことさえしなかった。

 これらの事件にあたって検察に都合のいい報道をしてきたのが、マスコミの司法記者たちだった。

 不起訴処分の通知が市民の会に届いたのは12日。記者会見の2日後だ。告発者よりマスコミを優先したともとれる。

 記者クラブが世論操作の道具として使われていることがよく分かる。

 (文中敬称略)

     ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「黒川弘務」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  5. 5

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  7. 7

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  9. 9

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  10. 10

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。