記事

「個人の土地だから」ではない災害対応を

懸念していたように、大雨が長期間続いている地元を含めた地域では、土砂災害が増えてきています。

地中が既に相当の水分を吸い込んでいるので、少しの雨量でも大規模な土砂崩れにつながっています。



写真は伊万里市の土砂災害現場ですが、土砂災害においては「個人の土地だから」ということで行政側がなかなか対応をとってくれない、という声が多く出ます。

その原則はそうですが、上の写真の事例のように、規模が大きく住民の命に関わるようなことが明らかな場合には、そしてそれが近年のように常識を超えた雨量でもたらされている場合には「個人の土地の問題だから」では済まされない場合があると思います。

災害救助・復旧の制度のあり方の改善も含めた、早急な対応をとっていかなければなりません。

あわせて読みたい

「令和2年7月豪雨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  4. 4

    アイリス新卒採用を640名に拡大

    Ledge.ai

  5. 5

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  6. 6

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  7. 7

    鎌倉時代に略語? 「を」で返事か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

  9. 9

    未だ第1波の教訓も生かせぬ日本

    門田隆将

  10. 10

    対中圧力で国際社会は連携すべき

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。