記事

家賃支援給付金制度をご活用ください!

1/2

皆さん こんにちは

命を守る参議院議員 川田龍平 秘書のSです。

[画像をブログで見る]

今日は7月14日から新型コロナウイルス経済対策で申し込みが始まります家賃支援給付金について皆様にお知らせさせていただきます。是非この制度をご活用ください!

新型コロナウイルスにより特に大きな影響を受ける事業主に対し、家賃負担の軽減を目的とした給付金として、家賃支援給付金が実施される予定です。コロナウイルスによる経営環境の急変により売上が大幅に減少した事業者が、給付金を活用することで、大きな固定費である家賃支払いの補填が可能となります。

名称 家賃支援給付金
実施機関 中小企業庁
対象 下記の条件全てに合致する中堅・中小企業等及び個人事業者(フリーランスを含む)
・新型コロナウイルスの影響により、5月~12月の内ひと月において、売上が前年同期比で50%以上
 減少、又は連続する3ヵ月の売上合計が前年同期比で30%以上減少している
・自ら事業のために直接占有する土地建物の賃料を支払っている
・2019年以前から事業収入があり、今後も事業を継続する意思がある
※資本金10億円未満(資本金等の定めがない場合、従業員2,000人以下)
給付額 下記金額を上限として、申請時の直近1カ月の支払家賃(月額)に基づき算出した給付額(月額)の、6倍を一括支給(最大600万円

・法人:月額100万円
・個人事業者:月額50万円
申請受付開始日 7月14日
申請受付期間 7月14日~2021年1月15日
給付日 7月下旬以降(見込)
備考 申請は、電子申請(電子申請が困難な方向けに、申請サポート会場を設置予定)
家賃支援給付金に関するお知らせ(2020/7/7 経済産業省HP)
なお、申請要領等の詳細は、確定後に経済産業省HP等にて公開予定
連絡先 家賃支援給付金コールセンター
0120-653-930

7-8月:8:30-19:00
9月以降:8:30-19:00(土・祝除く)

※上記は、在検討中の事項を含み、作成日時点で入手可能な情報に基づき作成しています。

給付額(図)

図:経済産業省資料キャプチャより

<ポイント>

  • ①政府による緊急経済対策であり、幅広く中小企業・個人事業主を対象とし、また高額な家賃支払いへの配慮が一定程度されている等、汎用性が高い
  • ②簡便さを考慮した電子申請が採用される等、対象者の負担が少なく、返済不要の高額給付金(最大600万円)が一括給付されるため、即効性が極めて高い。
  • ③申請から給付までの期間は、個別の確認が必要となるケースも比較的多く、審査に時間がかかるのではという話が出ている(現状の目安:3~5週間程度)
Q&A 家賃支援給付金について

以下、家賃支援給付金についてのQ&Aとなりますので、適宜ご参照ください。

当情報は現在検討中の事項を含み、作成日時点で入手可能な情報に基づき作成しています。掲載している内容は、確定情報ではございませんので、予めご了承ください。情報は当ページにて随時更新して参ります。

※2020.7.10更新

【1.一般】
1.家賃支援給付金とは?
5月の緊急事態宣言の延長等により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減するための給付金となる。

2.法人と個人事業者で給付額の上限、算定方法が違うと聞いたが、どのように違うの?
給付金の上限は、法人600万円、個人事業主300万円。
給付額の算定方法は、以下の通り。

【法人】
・月額支払賃料:75万円以下 → 月額給付額:月額支払賃料×2/3(最大50万円)
・月額支払賃料:75万円超  → 月額給付額:月額支払賃料の75万円超の部分×1/3+50万円(最大100万円)

→給付額:月額給付額の6倍を一括支給(最大600万円)

【個人事業主】
・月額支払賃料:37.5万円以下 → 月額給付額:月額支払賃料×2/3(最大25万円)
・月額支払賃料:37.5万円超  → 月額給付額:月額支払賃料の37.5万円超の部分×1/3+25万円(最大50万円)

→給付額:月額給付額の6倍を一括支給(最大300万円)
3.申請日の直前1ヵ月以内に支払った家賃45万円で、飲食店を営んでいる個人事業者であるが、給付金は具体的にいくら位もらえるの?
月額支払家賃45万円の個人事業者への給付額は、165万円となる。
✓月額支払賃料:37.5万円超 → 月額給付額:7.5万円×1/3+25万円=27.5万円
→ 給付額:月額給付額(27.5万円)×6=165万円

4.物件オーナーに交渉して、家賃の減額を受けているが、給付額は減額後の家賃を基準に計算されるの?
申請は申請期間中のどの月でも可能なので、申請の直前1ヵ月以内で家賃が減額しているタイミングで申請をする必要ない。
契約通りの家賃支払いをひと月分行った直後に申請すれば、その金額を基準とした給付金を受け取ることができる。

5.申請から給付までどのくらいかかるの?
個別の確認が必要となるケースも比較的多く、審査に時間がかかるのではという話が出ており、3-5週間程度となる見込み。

6.給付金のことについて詳しく聞きたい。相談がしたい。
家賃支援給付金コールセンター
0120-653-930

※7-8月:8:30-19:00、9月以降:8:30-19:00(土・祝除く)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  7. 7

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  8. 8

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

  10. 10

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。