記事

世界の企業債務、今年は1兆ドル増へ 過去最大の伸び=リポート


[ロンドン 13日 ロイター] - 世界の主要企業は財務状況を強化して新型コロナウイルス危機を乗り切るため、2020年に新たに最大1兆ドルの債務を抱える見通しだ。

世界の主要企業上位900社を対象に、資産運用会社ジャナス・ヘンダーソンがまとめた。債務総額は前年比で12%増と過去最大の伸びを記録し、約9兆3000億ドルに達するという。

2019年の債務も8%増と大幅に増大したが、合併・買収(M&A)や自社株買い、配当支払いの財源確保が主な要因だった。今年は新型コロナの影響で利益が減少する中、財務状況の強化といった大きく異なる理由が増加の背景になるとみられる。

ジャナスのポートフォリオマネジャー、セス・マイヤー氏は「新型コロナは全てを変えた」と指摘。今は資本の確保やバランスシートの構築が焦点となっていると述べた。

同社のリポートによると、企業は1─5月に債券市場で3840億ドルを調達した。マイヤー氏は、よりリスクが高く、格付けが低い「高利回り」企業による債券発行額がここ数週間に過去最高を記録したとみている。

米企業の債務は、世界の企業債務のほぼ半分に相当する3兆9000億ドル。過去5年間に、M&Aの大型案件が相次いだスイスを除き、主要国の中で最も速いペースで拡大している。

ドイツ企業の債務は7620億ドルで2番目に多い。自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の債務は1920億ドルで、南アフリカやハンガリーといった中規模国家の債務とそれほど変わらない規模に上る。

一方、900社のうち約25%の企業は債務を抱えておらず、一部の企業は潤沢な手元資金を有しているという。これらの企業のトップはグーグルの親会社アルファベット<GOOGL.O>で手元資金は1040億ドル。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。