記事

リモート勤務終了でストレス増 「今」がむしろ辛い人たちも

ラッシュアワーの混雑も戻りつつある。帰宅時間の品川駅(AFP=時事)

会議も含めほとんどの仕事は在宅で可能だったのに(イメージ)

 アフターコロナ、ウイズコロナなど言い方は微妙に異なるが、緊急事態宣言を伴った新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大が過ぎ、コロナウイルスが身近にある前提を持ちながら学校や仕事などがコロナ前に戻されている人も多いだろう。リモートワークが終了し、職場へ出勤する生活へ戻ったことがかえってストレスになって辛いと訴える人たちの苦しみを、ライターの森鷹久氏がレポートする。

【写真】会議も在宅で

   新型コロナウイルスの新規感染者数が首都圏では今なお高い水準ではあるが、多くの人々たちが、会社に出社したり学校へ登校したりという「日常」に戻りつつある。手洗いや3密を防ぐ行動など、以前とは違った部分もあるものの、かつて普通だった「日常」を取り戻して過ごす人が多い中、そうではない人たちの悲鳴も聞こえ始めている。

「一気に肌荒れが酷くなりました。在宅勤務中は、化粧はおろかリップも塗りませんでした。あとは会社に行かなくて良いというストレスからの解放もあり、肌のコンディションはかつてないほどよかったんです」

 東京都内の人材派遣会社勤務・森戸ななえさん(仮名・30代)は、4月の中旬から6月の上旬までの約2ヶ月間、在宅勤務を命じられた。当初は戸惑ったものの、出社の2時間半前に起床、食事をとり、髪をまとめて化粧をし、満員電車で通勤する煩わしさがないことに感激した。

「会社に行くために、準備や帰宅後の色々で1日のうち5時間が必要だったんです。これだけでも大変なストレス。在宅勤務の継続を訴えましたが、上司が許さなかった。以前通りの生活のはずなのに、今の方が辛い。肌は荒れ、顔には吹き出物も……。マスクで擦れて泣きそうなくらいに痛い……」(森戸さん)

 以前と同じ生活のはずなのに、なぜか以前よりも辛い……。そう感じるのは森戸さんだけではない。

「リモート勤務で太るかなあ、タバコも増えるかなあと思ったら実際は真逆。通勤の時間が減って朝ジョギングする時間もできたし、外食やコンビニ飯オンリーだったのが自炊になりました。あんまりイライラしなくなって、タバコは半分以上減ったんです」

 埼玉県内の通信会社勤務・大江信彦さん(仮名・40代)は、中間管理職。数十人の部下も在宅勤務に入るため、統制が取れないのではないかという不安もあったが、実際にやってみると、以前よりもグンと効率が上がったという。

「勤怠管理、仕事の進捗状況を全てチャットで行うのは初の試みでした。デジタルに弱いと思い込んでいた私でしたが、やってみるとこれが本当に便利で、部下からも好評でした。今までは、部下の顔が見えてなければいけないとか、コミュニケーションが大事だとか言って、こうしたシステムに頼るのは避けてきました。でも、コミュニケーションが必要なのは、仕事のため。その仕事がスムーズに進んでいるのなら、改めて対面のコミュニケーションを取る必要もないし、それでも仕事のために必要なことが新たに発生したら、また考えれば良いだけ」(大江さん)

 3月の下旬から続いたリモート勤務は、首都圏に敷かれていた緊急事態宣言の終わりとともに終了。同業他社では引き続きリモート方式を導入しているところも多いというが、大江さんの会社ではそれは叶わなかった。

「以前と同じ生活のはずなんですけど、この3ヶ月と比較しているからか、とても辛く感じます。何よりも非効率。ストレスのせいか一週間で3キロも増え、以前はなかった抜け毛まで……。上司にも掛け合ったんですが、どうしてもリモートはダメだと」(大江さん)

 大江さんが上司とのやり取りの中で気が付いたのは、例えば、リモート勤務の社員と出社した社員がそれぞれ同じ量の業務をこなしたとしても、上司からの評価は「出社社員」の方が高い傾向にあるということである。大江さん自身が実際に試してみたところ、より早く仕事をこなし上司に報告したリモート勤務の同僚より、合間にタバコを吸ったりして時間をかけ、同じような内容の報告をした出社社員の方が評価は高かった。

「上司は、仕事は結果ではなくその過程も重要、見えている場所で丁寧な仕事をしている人間の方が評価は高い、時間は関係ない……と言いましたけど、実は引っ掛けだったんですよ」(大江さん)

 大江さんが上司にかけたトラップ、それはリモート勤務社員と出社社員の部下2人の報告を入れ替えておくというものだった。上司は「やはり仕事は会社でするに限る」と息巻いていたが、この事実を伝えたところ激怒。仕事で遊ぶなと烈火のごとく叱責されたという。

「小学生の頃以来です、あんなに怒られたのは(笑)。ただ、それをみていた部下や一部の上司たちは理解を示してくれはじめました。今はお得意先のリモート体制を構築するため、どうしても外に出る業務もありますが、落ち着いたら、業務体制の刷新にかかることになりました。いや……あの生活に慣れちゃったら、今まで通りにやるのがバカらしいじゃないですか」(大江さん)

「コロナ後」の生活が辛い、と感じている人は思いのほかいそうだが、同志達と手を組み、効率の良い「新たな生活」ができるように動いてみるのも、悪くないかもしれない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  2. 2

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

  3. 3

    YouTube 投稿者乱立で激戦の場に

    後藤文俊

  4. 4

    コンビニ業界はセブンとそれ以外

    内藤忍

  5. 5

    江の島エリア 海に最多の人出か

    島村優

  6. 6

    安倍首相 万全期し再宣言避ける

    ABEMA TIMES

  7. 7

    半沢直樹 青臭いコンビの絶妙さ

    マイナビニュース

  8. 8

    個人番号カードが保険証代わりに

    S-MAX

  9. 9

    ネット授業続けるなら学費免除を

    NEWSポストセブン

  10. 10

    TikTok排除 トランプ氏の感情か

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。