記事

ゲーム不正指南ブログで損賠賠償 大学院生が打ち明ける顛末

1/2
「あのブログを書かなければ」と悔やむ大学院生

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための緊急事態宣言が解除されて間もない6月上旬、大学院生のX氏(23)は、スーツ姿で都内の弁護士事務所にやってきた。オンラインゲーム「人狼ジャッジメント」における不正行為の方法をブログとYouTubeに投稿し拡散したことを運営会社のそらいろ株式会社へ謝罪し、その賠償について話し合うためである。

 そして、「荒らしの抑止に繋がり、罪滅ぼしの一つになるなら」と、みずからが行ったことについて取材に応える場所にのぞんだ。マスク越しに少し緊張が見えるX氏が、取材中にもっとも悔しがったのは次のことだった。

「もし戻れるなら、あのブログ記事を投稿しなければよかった。それに尽きます。あれさえなければ、いま、こうはなっていないわけですし……あの記事を出したところで、自分に何一つメリットもなかったですし。あの記事はとにかく出すなと、過去の自分に言いたいです」

 参加者が自身の正体を隠しながら、他プレイヤーと交渉して人のふりをした狼役を探り処刑してゆく人狼ゲームは、もともとアナログのパーティゲームだ。テレビのバラエティ番組や小説、漫画などでもたびたび題材にされ、インターネット上でも人気のゲームジャンルに成長している。

 なかでもX氏が問題を起こした「人狼ジャッジメント」は、2018年2月からサービス開始されたスマートフォン・タブレット向けの対戦型オンライン人狼ゲームで、ユーザー側が設定を大きく変えられることや、プレイヤーが自分の分身として設定できるキャラクターたちが魅力的だと大きな人気を集めている。

 プレイヤーどうしのコミュニケーションが必須のため、オンラインであっても対人独特の面白さが生じる人狼ゲームは、一方で、未熟なプレイヤーによるトラブルも起きやすい。そこでX氏は、トラブルメーカーなユーザーに協力する情報をブログで提供していたのだった。

 X氏が後悔しているブログ記事とは、「人狼ジャッジメント」において、アカウントを停止されたプレイヤーが復帰や再取得できる不正な方法を、目次と図解入りでわかりやすく解説したもの。この記事には、実際の操作方法を撮影して作成した動画へのリンクも貼ってあり、ハウツーとして親切な構成だった。

 同ゲームでは、2019年12月に不正な方法で複数アカウントをつくり、大量の投稿を行うなどの荒らし行為をした高校生が偽計業務妨害、私電磁的記録不正作出・同供用の容疑で書類送検されているが、その容疑者が参考にした情報源がX氏のブログだった。

 X氏がブログで情報拡散した結果、荒らし・迷惑行為が発生したため運営会社はゲーム内をリアルタイムで監視し、違反について調査、そしてシステムの改修などを迫られた。そのため被害総額は8000万円を超え、X氏が支払う賠償金も多額にのぼると推測される。

「ブログ記事は、今、振り返ると、本当に勢いで書いて出してしまった」

【写真】勢いでブログ投稿

◆世界で唯一だと、勢いで出してしまった

 中学生のときに夢中になった『コール・オブ・デューティ』シリーズをはじめ、もともとシューティングゲームが好みだったX氏は、人狼ゲームとは縁が薄かった。

 だが友人のすすめで「人狼ジャッジメント」を始めると、「そこまでハマってはいなかった」と言いつつ、まとまった時間があるとゲームにログインするくらいには夢中になった。リーダーになるよりも、参謀のような位置で推理をするのが楽しかったという。

 ところが、楽しかったゲームで事件が起きた。自分のアカウントが停止、いわゆる「垢バン」されてしまったのだ。

「自分のアカウントが止められる心当たりは、実はありました。でもゲームは続けたかったので、以前、人狼ゲーム内で他のプレイヤーが教えてくれた方法を試してみたら復活できた。この情報をネットで調べてみたら、誰もまとめている人がいなかった。自分がまとめてブログに出せば世界で唯一の情報源になると思って、勢いで出してしまった」

 ネットのどこにも存在しない情報であることにX氏が高揚してしまったのは、彼がブログというメディアの運営に慣れていたためだったようだ。

 彼は「人狼ジャッジメント」に関わるブログとは別に、約2年前から商品レビューを中心としたアフィリエイトブログを持ち、「確定申告が必要なくらい」の収入を得ていたのだ。ブログ運営は好調で、競合相手が多い内容でもGoogle検索されやすい、ランキング上位の存在に育っていた。

 その経験から、類似情報がネットに無かったという検索結果を過大に評価して気分が高揚してしまった可能性は高い。そして2018年夏、休眠させていた別ブログへ、掲出前に慎重に見直すいつもの作業をしないまま問題の記事を投稿した。

 とはいえ、商品レビューブログと違って、人狼ジャッジメントについてのブログ記事は「たいしてPVも上がらなかった」し、YouTubeに載せた動画の再生回数も伸びなかった。

 それでも、ブログに寄せられたコメントにマメに返信したのは少し得意な気持ちもあったのではと聞くと「事務的に、丁寧に返信しただけ」という。

 記事の影響力を見直す機会がないまま時間が過ぎた2019年夏、契約しているインターネット事業者から、ブログ記事による権利侵害を理由に「人狼ジャッジメント」運営会社から任意の情報開示請求がされているという連絡が届いた。X氏はこのとき、「これは公共性・公益性があり内容は無論事実である。

 したがって、表現の自由が満たされる。故に権利侵害には該当しない」など、ネットで調べた知識をもとに情報開示に同意しないという内容の反論を送った。ちなみに、X氏は大学院生だが法学専攻ではない。

「自分の中では正直なところ、謝罪しないといけないという結論が出ていました。言い方は悪いですが、逃げ切れるとか、そういう流れはないなと思っていたんですけど、何か方法がないかと反論してしまった」

 X氏は「個人情報が特定されたら、運営会社に謝りに行こうと思っていた」というが、相反する行動をしていた。その態度は、問題とされたブログに対する思い入れがなかったがゆえに、責任を感じづらいことも起因してのではないか。

「そもそもブログ記事の内容は、自分が発見したものでもなんでもなかった。ゲーム内でたまたま一緒になった、今では名前も思い出せないユーザーが雑談のように教えてくれた方法で、それを載せただけでした。それに、ゲームでの不正な方法は、たいていゲーム会社側が対策して使えなくなるものだから、自分が提供した情報もすぐに役に立たなくなって、たいした問題にならないと思っていたんです」

 ここでX氏の独りよがりを責めるのは簡単だが、彼は特殊な考えを持っているわけではない。「みんながやっている」から大丈夫だろうと考え、結果として軽率なことをする人は、この世にはいくらでもいる。彼もそのうちの一人だっただけだ。

あわせて読みたい

「オンラインゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  7. 7

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  8. 8

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

  10. 10

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。